マルク・ペノ

f0097199_14513945.jpg


f0097199_147577.jpg

マルク・ペノ

セネシャリエールというドメーヌ名でエスポワさんから、
マルク・ペノという名前で野村ユニソンさんから輸入されている。
ミュスカデとグロプランを造っている。

教科書的に言うならミュスカデは
フレッシュで軽く、うっすらヴェジタルなニュアンス、レモンなどのかんきつ系、
やや苦みがあって・・・というところだろう。

その真逆のスタイルが彼のミュスカデの特徴だ。
凝縮感のある洋ナシのような果実味、
酸もしっかりあるが、丸みのある柔らかいスタイル。

その秘密の一つが高樹齢にある。
f0097199_14381444.jpg

50~60年のミュスカデの樹。
化学肥料などを与えられているミュスカデはここまでもたないらしい。

f0097199_14432012.jpg

そして、様々な種類の土壌。
粘板岩のようなシストや水晶を含んだもの。
チョーク質や鉄分を含んだ赤みのあるものなどカラフルな畑でした。
除草剤なんかは使わず、70種類ぐらいの雑草をわざと生やしている。

f0097199_14463868.jpg

このあたりは標高が高く、ずっと地上だったらしい。
(他の地域は海底だった時代もあるようです。)

それにしても寒そうでしょ?

f0097199_14501281.jpg

ねずみ男が出没するぐらい寒かったです(笑)

f0097199_1451935.jpg

ワイナリーは本当に質素。

収穫量は本当に低くて、AOCミュスカデの半分ぐらい。
これも凝縮感につながっているのだろう。

セミMC法の後、ゆっくりと醸造。
冷え込むので醗酵は途中で止まり、マロが先に終わるらしい。

色々テイスティングさせて頂いたが、やっぱり美味しかった。
(すいません、こんな言葉で・・・)
01シャポームロン マグナムなんかもでてきた。
この時の竹下さんのつぶやきに全員が爆笑したのだが
会社的に問題ありそうなのでここでは伏せときます(笑)

本当に楽しい時間だったことはこの写真が証明してくれてます。
f0097199_14574775.jpg

彼に会うためにナントまで来たと言っても間違いありません。


ここからは私見なので。。。




私の飲み友達は、みんなマルク・ペノのワインが大好きだ。
もちろん私も大ファンである。

ミュスカデという大量生産型の品種でありながら
生まれ育った土地を誇りに想い、ミュスカデの可能性を信じて
そのポテンシャルを最大限に引き出そうとする彼の姿勢。
彼のワインほど造り手の愛情を感じるワインがどれほどあるでしょうか?

数年前、彼のドメーヌが倒産した時は本当にショックでした。

もちろん、彼のワインが完璧な訳ではない。
過去のヴィンテージのいくつかはストライクゾーンの広い私でさえ
飲めないキュベもあったのが事実だ。
お客さんに販売するにはちゃんとキュベを選ばないといけない。

でも、自分で飲むときはそんなことでドメーヌを判断したりしない。
その欠陥を覆い隠すぐらい素晴らしいキュベがあるのを私は知っている。
だからこそ、毎ヴィンテージ、しっかり飲む。
そして、一喜一憂する(実際は四喜一憂ぐらいか?)

完璧なワインばかりを求めるのではなく、
一人の造り手を盲目的に追いかける。
これもワインだからできるひとつの楽しみ方ではないでしょうか?

ただ、ワイン造りは天才的な感覚があるペノさんだが
経営的な才能はそれほど持ち合わせていなかったらしい。
ワインが売れてるにも関わらず、倒産してしまった。

どうにかならないものかと祈っていたらとある企業から救いの手が差し伸べられた。
なんと日本の輸入元である野村ユニソンがスポンサーに名乗り出たのだ。
入札などがあったようだが、無事、野村ユニソンが落札。

マルク・ペノさん、立場的にはユニソンの社員になったようだ(ちょっと面白い)
経営的なバックアップを得て、彼のドメーヌは息を吹き返した。

みんなが彼を信じ、救いの手を差し伸べたのは
彼のワインが美味しいからだけではない。
みんながペノさんを大好きなのだ。

今回の研修で改めて思い知らされたこと。

ワインは人である。
by wine-fujimaru | 2010-02-12 15:04 | ワイン | Comments(6)
Commented by yomekichi at 2010-02-13 10:22 x
”ワインは人”素晴らしいですね。
私も行ってみたいなあ
Commented by morita at 2010-02-13 12:23 x
 先日、マツケン食堂さんで頂きました。

 グローバル化はいろいろな課題もありますが、
 こうやって国境を越えた人のつながりが生まれるのですね。
 素晴らしいです。
 人間力、磨きたいと思います。
Commented at 2010-02-13 15:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by wine-fujimaru at 2010-02-14 14:46
yomekichiさん、いつもお世話になってます。
予定、立てときますので(笑)
Commented by wine-fujimaru at 2010-02-14 14:51
moritaさん、毎度です!
準備はどうですか~?

ワインは言葉や国境の壁を
簡単に超えることができる特殊な飲み物です。

moritaさんとお知り合いになれたのもワインがあったから。

ワインに感謝です。
Commented by wine-fujimaru at 2010-02-14 14:54
鍵米サン、どうもです~。
いつものぞき見ばかりですいません。

イベント続きで不在にしてます、すいません。
のちほどメールしますね。


【2018年4月現在・移転準備中です】大阪・日本橋のワイン屋の日常


by wine-fujimaru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
メディア掲載情報
WINE SHOP FUJIMARU
イベント情報
ワイン
ワインへの想い
FUJIMARUの本棚
レストラン
徒然
地図・営業時間
スタッフ紹介
スタッフ募集
藤丸智史が思うこと
HPはこちら
満月Pub
国産ワイナリー
海外ワイナリー
その他お知らせなど
ウラなんば情報
@カーヴ・デ・パピーユ
@島之内 フジマル醸造所
@京阪くずは フジマル醸造所
@天満橋店 ショップ&デリ 
@浅草橋店 FUJIMARU
@清澄白河 フジマル醸造所
フジマル食堂枚方T-SITE
@ネットショップ
ワイン造り
会社概要
藤丸智史 メディア出演情報
ワインな日々
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

リンク

お気に入りブログ

オータしゃちょうの風雲録
なないろめがね
Kaorin@フードライ...
ラ・バッロッタ
未来食堂通信
Nadja* bar ...
ランジュヴァンの日記
島之内フジマル醸造所
Cuisine Fran...
マツケン食堂のブログ
クロネコブログ
Ristorante d...
ワインショップ&ダイナー...

最新のコメント

斎藤眞 様、コメントあり..
by wine-fujimaru at 16:50
ワインが気軽に飲めるよう..
by 齋藤眞 at 18:15
ラスク 様 はじめまし..
by wine-fujimaru at 10:19
はじめまして。 料理も..
by ラスク at 14:00
松野 雄二 様 コメン..
by wine-fujimaru at 17:30
8月26日 6時30 3..
by 松野 雄二 at 11:30
隠れK様、コメントありが..
by wine-fujimaru at 10:38
初めてコメントします。7..
by 隠れK at 09:46
コメントありがとうござい..
by wine-fujimaru at 12:04
藤丸さんの「想い」をじっ..
by AYUMI at 12:19

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
農家

画像一覧