地野菜とビオワインの会 総会

「地野菜とビオワイン」 2006年度総会ツアーin 仏

皆様、いつも「地野菜とビオワイン」のイベント参加や活動に協力頂き有難うございます。
この会も4年目を迎え、今年度のイベントは残すところ総会のみになりました。
設立当初から、立案しておりました海外企画フランスビオツアー、やっとその日がきました。
この度、フランスのエノコネクション、クラブ・パッションデュ・ヴァン、ボーヌの釜飯屋“ビソー”のご協力のもとで、「地野菜とビオワイン」H18年度総会をフランスでビオワイン生産者を交えながら、イベントを行います。
ビオワイン生産者のワイナリー巡り、ビソーさんでの総会イベント、生産者との交流会、パリでの食事会など内容は盛り沢山。
素晴らしい時間を楽しんで頂ければと思います。
今まで、こんなツアーは聞いたことありますか?多分、「地野菜とビオワイン」でしかならではの内容で、他では実現できないと思います。移動はTGVと専用貸切バス。あのパカレやリショー、ラピエールに会える。凄い!
ワイナリーに訪問できる。と当初の思いつきから、こんなツアー実現してしまいました。ばんざーい!
興味のある方は、是非、一緒に「地野菜とビオワイン」仏ツアーを楽しんでみませんか?
詳細については、下記をご覧ください。

<日程>H19年2月18日(日)~24日(土)

<旅行代金>
ツイン使用2人部屋220,000円/ひとり、
但し ひとり部屋を希望の場合は260,000円(40,000円アップ)
宿泊費、TGV1等(パリ⇒ディジョン、アヴィニョン⇒パリ)、
貸切バス費、蔵元訪問費、添乗&通訳費用など
注:旅券、食事代は含まれておりません。
*目安ですが、食事にかかる費用は、2~3万円ぐらいかと思います。
    
<旅券>
旅券費用は、このツアー代に含まれていませんので、
往復チケットは、それぞれ各自の行動に合わせて、空港券を購入ください。
途中合流は基本的に出来ませんので、
集合の18日18:00のパリ宿泊(メルキュール ガレ デ リオン ホテル)は厳守ください。
個人で購入が面倒、また取りにくいという方は、
今回の旅行を段取りしていただいている(有)マックスマリさんへ直接お申込みください。

<宿泊先>  パリ:メルキュール ガレ ド リオン ホテル
          ボーヌ:メルキュールセンター
          リオン:メルキュール
          オランジュ:パークイン
*上記のホテルを予定しておりますが、
他のホテルに変更になることもありますのでご了承ください。
 申込み人数が確定し、旅行会社から調整後、
申込み者へ後日スケジュールをご連絡します。

<申し込み、問い合わせ先> 
「地野菜とビオワイン」代表 冨鶴 高(トミヅル コウ) 
e-mail:tommy@jiyasai-biowine.org
電話連絡先:080-1486-1223、fax:06-6841-3959

<申込み方法> 氏名、住所、連絡先(自宅&携帯)を必ず記入の上、
            私トミヅルまで、e-mailかFAXにて申込みください。
        
<締め切り> H18年12月27日(月)

<支払い方法>
申込み後、2日後までに下記まで、全額入金ください。
新生銀行 本店(コード400) 普通0420337
口座名義:トミヅル コウ

<目的>
*「地野菜とビオワイン」H18年度総会
*このイベントを通して、日本人(特に大阪人)がどの様にビオワインを食文化の中に取り入れ、それをどの様に楽しんでいるか?を玄斎の主人 上野直哉さんが現地の食材を使った料理と味わうことで、ビオワイン生産者たちのワインとの相性を実感してもらいたい。
*このイベントや蔵訪問の中でお互い懇親や会話を図ることで、日本の食文化にビオワインが自然な形で馴染んでいるのを知ってもらいたい。
*この経験から学ぶものが、自分達の地域の食文化と人の関わりや良循環を、大阪を中心に日本全国へ派生させていきたい。
*参加するスタッフまた一般参加者には、現在ワインだけをクローズアップする事が多いメディア中心の日本で、“本当は食文化の中にワインがある!”と言う事を改めて感じてもらう事で、今まで以上に、食文化に対する意識を高めて欲しい。
*ビオ生産者にも、より日本人・日本食文化を理解してもらい、今後の交流につなげてほしい。
*このイベントを雑誌に掲載することで、これを知った方達に少しでも、今後の新たな食文化に対する環境づくりのキッカケになってほしい。

このイベントでビオワイン生産者を含めた皆様で、
素晴らしい時間を過ごせたらたらと思います。

<日程>
2007年
2月18日(日)  メインスタッフ、ゲスト フランスパリ着  壮行会
          パリ泊(メルキュール ガレ デ リオン ホテル)
19日(月)  10:34 TGV(新幹線)でディジョン(ボーヌ)へ移動 
         12:12 ディジョン着後、
               専用バスでディジョン駅よりボーヌ市内
         ⇒ホテルへ送迎、スタッフ=総会準備、
        ゲスト=ボーヌ市内観光or総会お手伝い(どちらかは任意)
        ボーヌ泊(メルキュールセンター)

20日(火)  2006年度 地野菜とビオワイン 総会 開催
         朝:スタッフ bissoh澤畠さんで食材用意 
         午後:スタッフでイベント準備 
         夜:生産者等を招き、イベント(bissoh ~ボーヌ日本食レストラン 
         (HP:http://www.bissoh.com/index.htm)
         ゲスト=ボーヌ市内観光or総会お手伝い(どちらかは任意)
         ボーヌ泊(メルキュールセンター)

イベント参加生産者:パカレ、ラピエール、ドミニク・デュラン、カデット、
          バレット、+α、ヤンロエル参加可能性あり。予定。

21日(水)  専用バスにて ブルゴーニュ地方
         ビオワイン生産者ワイナリー訪問(今のところ未定です) 1~2件、
          午後リオンへ
          夜リオンの食堂街へ食べ歩き
          リオン泊(メルキュール)
  
22日(木)  専用バスにて、リオンからローヌへ移動  
         ダール・エ・リボ、リショー訪問
         夜:オランジュで食事
         オランジュ泊(パークイン)
 
 23日(金)  AM:専用バスにて ラングロール訪問、PM:アヴィニョンから
         TGV(新幹線)でパリへ移動
         夜:ビス・セヴロ(茂野 眞がシェフを勤めるビストロ)にて打ち上げ

         パリ泊(メルキュール ガレ ド リオン ホテル)

24日(土)  チェックアウト以降、自由解散
         (帰国組、観光組、その他行動組が分かれる)

<注意事項>
*日程は2/18~23日です。その後は、仕事で直ぐに帰国する方、そのまま観光で2~3日滞在する方、地方を小旅行する方など、23日以降は各個人の責任で行動ください。
*旅券がとれないと、基本的にツアーに帯同できませんので、申し込み時には、必ず旅券を予約しておいてください。
*旅券は費用に含まれておりませんので、個人で購入願います。
*海外空港の使用料、出国税、日本国内の空港使用料、空港会社燃料付加代金、18日ホテル集合までの移動費など、ツアー代金に含まれておりませんので各自で負担ください。
*19日、20日のボーヌで観光を希望の方は、案内は出来ませんので、各自で責任を持って行動願います。
*24日チェックアウト以降の宿泊が必要な方は、各自でご準備頂くかor(有)マックスマリさんへ直接ご相談ください。

<イベント開催場所>
日本食レストラン “Bissoh”(ビソー) 1a rue du Faubourg St-Jacques 21200 BEAUNE,FRANCE
Tel (03) 80 24 99 50 Fax (03) 80 24 99 50 info@bissoh.com
HP:http://www.bissoh.com/

<宿泊、移動バス、TGVの手配>
エノコネクション関連の旅行会社で手配、調整しています。 
有限会社マックス・マリ 代表 瀬藤さん 豊中市本町9-1-12れじでんしあ豊中101号 
TEL 06-6856-0468 FAX 06-6856-3671

<引率・通訳について>
クラブパッションデュヴァン竹下さんが、全日程スケジュールを同行して頂けますので、蔵元さんの説明や通訳などをお願いしております。

<雑誌掲載について>
この総会を、全国紙の雑誌社に記事として掲載して頂ける予定です。

                      「地野菜とビオワイン」 冨鶴 高
# by wine-fujimaru | 2006-12-18 18:08 | イベント情報 | Comments(2)

福箱 ~ワイン決定~

なんとか福箱の内容を決めることができました。

途中、珍しいのを入れたほうがいいのかな?とか、
割安感を出したほうがいいのかな?とか迷ってしまったのですが、
当初のコンセプト通り、今飲んで美味しいものを中心に組み合わせました。

そうすると、必然的に値段も落ち着いて

6本セット 19,000円(消費税、送料込み)
(シャンパン・白2本・赤2本・甘口)

となりました。(ちょっと中途半端な値段ですよね・・・)
定価だと一応27000円ぐらいのようです。

よくよく考えてみると福袋って中身、わからないものなんですよね?
なんでヒントだけ・・・

f0097199_13491458.jpg


ネット販売はしておりませんので
ご購入方法は直接お店までお問い合わせください。

*レアなものはありません。あしからず。
*基本的に優しい味わいのものばかりです。

WINESHOP FUJIMARU
06-6643-2330
営業時間 12:30~21:30
定休日 火曜日
# by wine-fujimaru | 2006-12-18 13:59 | WINE SHOP FUJIMARU | Comments(0)

福箱 ~続き~

福箱を造ることを決めたのはいいけれど
なかなかワインが決まらない、というか決められない・・・

これも入れたいし、あれも飲んで欲しいし・・・
あ~これはうちの店っぽいし・・・
今年はこれを沢山売ったな~、とか。

一度、仮で組んでみたら大赤字でした・・・

泡、白、白、赤、赤、甘口の6本で2万~3万円。

早くも、『まだ~?』と言う声が、今日だけで3組。
すいません。。。

18日、月曜までに決めます。
# by wine-fujimaru | 2006-12-16 21:19 | WINE SHOP FUJIMARU | Comments(5)

福箱

f0097199_2135466.jpg



今年は本当に色んなことがありました。

オープンしたばっかりのひよっこワインショップなのに
本当に多くの方々から助けられました。

感謝してもしきれないこの気持ちを
なにか形に出来ないかと思っていたところ、
ふと目に留まったちょっとベタな、この福箱。

私が今年感動したワインのいくつかを詰め合わせにしたいと思います。
クリスマスやお正月に飲んでいただければ幸いです。

詳細はまた後日・・・
# by wine-fujimaru | 2006-12-08 21:23 | WINE SHOP FUJIMARU | Comments(2)

年末年始のお休み

誠に勝手ながら

12月31日~1月5日まで店舗営業をお休みさせていただきます。

新年は1月6日より営業いたします。

なお12月30日は~18時までの営業となりますのでよろしくお願いします。

***レストランへの配送は別途お問い合わせください。***
# by wine-fujimaru | 2006-12-02 17:50 | WINE SHOP FUJIMARU | Comments(0)

平成18年度「地野菜とビオワイン」12月イベント

***定員に達しました。ご予約ありがとうございました。***


平成18年度「地野菜とビオワイン」12月イベント

~若手シェフの独創性豊かなフレンチで自然派に染まる~



冬の足音も聞こえ始め、一段と肌寒さの増す今日此の頃ですが
皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか?

平素は本会活動にご理解、ご協力を賜り誠に有難うございます。

さて2006年最後のイベントのご案内です。

12月は大阪北区西天満で注目のワイン・ビストロ「レ・クルール」に於きまして
大阪地野菜をふんだんに用いたフレンチとビオワインで至福のひとときをお過ごし頂きます。

大阪ミナミで予約困難の名店フレンチ「ヴレ・ド・ヴレ」大垣氏の下で薫陶を受け、
さらにアレンジを加えた若き鬼才、中西 富彦シェフが奏でる
センスとアイデアに溢れた大阪地野菜フレンチに合わせて、
帝国ホテル大阪フランス料理「レ・セゾン」にてソムリエールとして活躍した
同店オーナーソムリエール太田 有香と
北新地「串揚げ・ワインの店nakanaka」店主シニアソムリエ松本 賢司が、
セレクトする珠玉のビオワインのコラボレーションにどうぞご期待ください!

皆様の御参加心よりお待ち申し上げております。



【日時】:平成18年12月10日(日)11:30受付開始 12:00スタート

【場所】:大阪市北区西天満5-11-22メゾン梅が枝1F

   ワイン・ビストロ「レ・クルール」

地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」①番出口徒歩7分

JR東西線「大阪天満宮駅」徒歩7分

場所:http://r.gnavi.co.jp/k694800/map1.htmを参照のこと

【会費】:7,000円(料理・ドリンク・税込み)[クレジットカード不可]

【定員】:26名 *定員になり次第締め切らせて頂きます。



お問い合わせ御予約松本まで直接メールにてお願い致します。

会場へのお電話でのお問い合わせはご遠慮願います。

松本E-MAIL matsumoto@kushi-nakanaka.com

nakanaka新地本通り店TEL 06-6345-1088 


【12月担当】nakanaka新地本通り店 松本 賢司

【協賛】トムギャルソン 冨尾 宝之

    ワイン・ビストロ「レ・クルール」

【主催】地野菜とビオワインの会
# by wine-fujimaru | 2006-11-23 14:08 | イベント情報 | Comments(4)

今年のヌーヴォー

皆さん、今年のヌーヴォーはいかがでした?
年々、ヌーヴォーの出来がよくなってきていると感じるのは私だけではないはず・・・

特に宣伝もしていない私のようなお店でも
おかげさまでヌーヴォーの売れ行きは好調でした。
日本においてもすっかり風物詩として定着したようですね。

最近ではボジョレーだけでなく
ロワールやローヌのプリムール(新酒)も多く、
赤ワインだけでなく、白ワインも造られていたりします。

特に今年は日本人醸造家、大岡弘武氏の作るプリムールが
かなり評判が良いようです。
(残念ながら私の口に入ったのは白だけでしたが)

少し入荷のタイミングは遅れたけれど
ピュズラもなかなか良いという噂。
少し落ち着いたら開けてみようと思います。

ただ、ヌーヴォーがワインらしくなっていく一方で
あのイチゴのようなフレッシュで青いヌーヴォーが少し懐かしい気がします。
とっても軽くていいので、
小売で1000円ぐらいまでで買えるヌーヴォーとかあればいいのになぁ。
(飛行機の輸送費のことを考えると無理なのはわかっていますが)

個人的にはヴィヌメンティスが非常に良かったです。
(昨日、追加で注文してしまった、笑)
コサール、パカレも持ち味が出てていいワインでした。

DAIGAKUさんのイベントで沢山飲みましたが、
飲み飽きすることなく、飲めたのにはびっくり。

ワインショップにとっては一大イベントが終わり
後は年末に向かうのみ。
皆様、よろしくお願いします。
# by wine-fujimaru | 2006-11-23 13:19 | ワイン | Comments(2)

11月のお休み

誠に勝手ながら定休日以外に
以下の日を臨時休業させていただきます。

11月8日(水) 生産者来日イベントのため

   19日(日) 結婚式出席のため

定休日 火曜日
営業時間 12:30~21:30

申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
# by wine-fujimaru | 2006-11-19 20:56 | WINE SHOP FUJIMARU | Comments(0)

2006年ヌーヴォーのご案内

毎年、良年、良年と騒がれるヌーヴォーですが、
現地からの直接の情報によりますと、本当にいい年になったようです。
当初、当店では開けるまでわからないヌーヴォーは、
ご注文頂いた分だけにしようかと思っていましたが、
在仏のワイナリーで働く友人たちからのメールで皆が声をそろえて
『今年はいいよ~』と言うので思わず買ってしまいました。
こんな感じのラインナップです。

ヴィヌメンティス(ヤン・ロエル) ボジョレー ヌーヴォー
今や自然派の醸造家としては超有名になったヤンロエル。
MC法、醸造時SO2無添加。

ドメーヌ・ド・ラ・マドンヌ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー ル・ペレオン
ヌーヴォーの中では骨太なタイプ。通常のワインと同じ方法で醸造。
(MC法ではない。)

フィリップ・パカレ ボジョレー ヴァン ド プリムール
毎年、安定したヌーヴォーを造るパカレ。あの安定感は捨てがたい。

カリーム・ヴィオネ ボジョレー プリムール
今年できたばかりのドメーヌだが、
去年大好評だったギィ・ブルトンを造ったのは彼です。

フレドリック・コサール ボジョレー ヴィラージュ プリムール ラパン
ご存知、ウサギのラベル。樹齢100年、単一モノポールの畑です。

ル・カノン  VDP アルデッシュ プリムール ブラン
ボジョレー地区ではなく、ローヌから生まれるヌーヴォーしかも白ワインです。シャルドネを主体とし、醸造方法はいつもどおりSO2無添加。今年は、ティエリー・アルマンから完全独立を果たし、娘さんが誕生した記念すべき年です。気合は誰よりも入っているようです。
# by wine-fujimaru | 2006-11-16 19:37 | WINE SHOP FUJIMARU | Comments(6)

カウントダウンパーティ!!!

「ヌーヴォー・カウントダウン・パーティー 2006」

今年もいよいよ間近にせまりましたボージョレーヌーヴォーの解禁です。
WINESHOP FUJIMARUとしては初のヌーヴォー。
せっかくなんでお店を飛び出して
出来る限り多くのお客様と一緒に新酒を祝おうと
ワインバーDAIGAKUさんとキッチン和(ニコ)さんと合同で
15日午前0時の解禁にカウントダウンを行います。

自然派ボージョレーヌーヴォーを多数揃えフリードリンクで、
ビュッフェスタイルのお料理でお楽しみいただきます。


日時 2006年11月15日(水) 23:00~

場所 Bar a vin DAIGAKU
    大阪市中央区東心斎橋1-4-22
    TEL 06-6241-5431

会費 5000円(税込、フリードリンク・ビッュフェ料理)

お申込み・お問合せ Bar a vin DAIGAKU   06-6241-5431
              Wine Shop FUJIMARU 06-6643ー2330


木曜日ちゃんとお店開けれるかな・・・
# by wine-fujimaru | 2006-11-15 12:00 | イベント情報 | Comments(5)


大阪・日本橋のワイン屋の日常


by wine-fujimaru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
メディア掲載情報
WINE SHOP FUJIMARU
イベント情報
ワイン
ワインへの想い
FUJIMARUの本棚
レストラン
徒然
地図・営業時間
スタッフ募集
スタッフ紹介
藤丸智史が思うこと
HPはこちら
満月Pub
国産ワイナリー
海外ワイナリー
その他お知らせなど
ウラなんば情報
@カーヴ・デ・パピーユ
@島之内 フジマル醸造所
@京阪くずは フジマル醸造所
@天満橋店 ショップ&デリ 
@浅草橋店 FUJIMARU
@清澄白河 フジマル醸造所
フジマル食堂枚方T-SITE
@ネットショップ
ワイン造り
会社概要
藤丸智史 〜メディア出演情報〜
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

リンク

お気に入りブログ

オータしゃちょうの風雲録
なないろめがね
Kaorin@フードライ...
ラ・バッロッタ
未来食堂通信
Nadja* bar ...
ランジュヴァンの日記
島之内フジマル醸造所
Cuisine Fran...
マツケン食堂のブログ
クロネコブログ
Ristorante d...
ワインショップ&ダイナー...

最新のコメント

ラスク 様 はじめまし..
by wine-fujimaru at 10:19
はじめまして。 料理も..
by ラスク at 14:00
松野 雄二 様 コメン..
by wine-fujimaru at 17:30
8月26日 6時30 3..
by 松野 雄二 at 11:30
隠れK様、コメントありが..
by wine-fujimaru at 10:38
初めてコメントします。7..
by 隠れK at 09:46
コメントありがとうござい..
by wine-fujimaru at 12:04
藤丸さんの「想い」をじっ..
by AYUMI at 12:19
メールありがとうございま..
by wine-fujimaru at 16:22
ありがとうございます、本..
by wine-fujimaru at 10:08

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
農家

画像一覧