<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【3/8(日)】マルシェ・ド・シャンパーニュ2015@マイドームおおさか開催!

ちょっとしたお祝いごとにはシャンパーニュで乾杯!
ワイン好きな友人への贈り物はいつもシャンパーニュ!
大切な人と楽しいひとときを過ごすときは決まってシャンパーニュ!

そんなシャンパーニュ好きな方にとって見逃せないイベントがこちら。

マルシェ・ド・シャンパーニュ2015@マイドームおおさか

「でも、シャンパーニュのイベントって参加費が高いのでは・・・?」
それがなんと前売券だと5,000円。5,000円で、220種類ものシャンパーニュが
テイスティングできるうえ、気に入ったシャンパーニュは会場にて定価の2割引き
という特別価格にてご購入していただけます。

普段、シャンパーニュを飲み比べる機会なんてそうそうないはず。
自分の好みのシャンパーニュを見つけたい人。
シャンパーニュに対する知識・感覚を磨きたい人。
もちろん、シャンパーニュをたっぷり楽しみたい人も。

とってもお得なシャンパーニュイベント、どうぞお見逃しなく!
ワインショップFUJIMARU各店でも前売り券発売中です♪

==================
第3回マルシェ・ドゥ・シャンパーニュ
開催日時 2015年3月8日(日)
AM 11:30 ~ PM 3:00
会場:マイドームおおさか1階 大阪市中央区本町橋2-5
入場料 前売り券 ¥5,000 当日券 ¥6,500
(入場料にはシャンパーニュ無料試飲が含まれます。税込)
ワインショップFUJIMARU各店の店頭にてご購入いただけます。
===================

f0097199_23041438.jpg

by wine-fujimaru | 2015-02-25 23:05 | イベント情報 | Comments(0)

「技術を受け継ぐという事②」



前回の物づくりの現場から引き続き、

第二回目は「海人の藻塩」をご紹介します。




この藻塩づくりは一片の土器から始まりました。


f0097199_22232135.jpg


それは30年以上前に、広島県 上浦刈島の浜造成工事において

古墳時代の”沖浦遺跡”が出土。
松浦宣秀氏はその土器が、古代の製塩に使われたことを発見、

10年余りの歳月を費やしついに当時の製塩法を解明。

千年の時を経て一度は失われた技の復活です

この土器製塩法は日本の塩づくりの原点で、

考古学会からも認められ大きな注目を集めました。

そして、このニュースを見た
朋和商事株式会社の社長さんがこれだっ!と商品化を決意。

f0097199_22254056.jpg




そもそも温暖な気候に恵まれた瀬戸内海は、平安時代から塩田を使った製塩が盛んで

万葉集では

「…朝凪に 玉藻刈りつつ

  夕凪に 藻塩焼きつつ…」

と詠まれています。

この玉藻とは海藻のホンダワラの事。

f0097199_22282866.jpg


瀬戸内海一海流の速さによる水の綺麗さを誇るこの島では、

天然のホンダワラが生息。

これを綺麗な海水を汲みだして浸し、塩分濃度を高めたエキスを煮詰めて製塩していきます。

f0097199_22255999.jpg



人間は塩分がないと生きていけない生き物。


とても手間と時間がかかり、熱気にあふれる工房の作業をみて

いつも旨みあふれる塩を送って頂き感謝の思いでした。

f0097199_2226143.jpg

上浦刈島出身で様々な職歴を経て現在は塩づくりに情熱を燃やす副所長の石井さん。

現在フジマルの各店舗でも愛用させてもらっています。

それぞれのメニューで私たちの先祖も味わっていた繊細で柔らかな塩味を是非楽しんでみて下さい。

f0097199_22295939.jpg



現地で教えて貰った使い方は塩とおろしわさびでお刺身!

(これ、めちゃくちゃ美味しかったです!!)

あとは、古米にちょこっと混ぜて炊くと美味しさが増すそうですよ。




今回、二つの造り手を訪問し、

改めてコトを継承し続ける難しさ、そしてそれを高めていく心意気を感じました。

今をもってしてもわからなことが多いというのもロマンを感じますし、

昔ながらの知恵に英知が詰まっていて日本の伝統食材が本当に素晴らしいという事も。

現在の機材を使いながらも技と英知を尽くし、

豊かな味わいを伝える方々をこれからもお伝えしていきたいと思います。
by wine-fujimaru | 2015-02-23 22:33 | Comments(0)

KUSUDAさんが浅草橋にやってくる!!

世界トップワインメーカーに名を連ねる楠田浩之様をお招きしての
メーカーズイベントが急遽開催決定!


ニュージーランドの北島・マーティンボロの地で造るそのワインは、
世界中のワインラヴァーを熱狂させ、その人気は確固たる地位を築き上げています。


当日はバックヴィンテージを含む各種グラスワインと、
浅草橋店シェフ山田の、楠田さんをイメージした料理を召し上がっていただきます。
細部まで目の行き届いたワイン造りは、NZの雄大な大地で生み出される繊細かつ力強い味わい。

楠田様との直接お話しながら楽しんでいただける一夜限りのスペシャルナイト!!
既にファンの方も、そして未体験の方も、是非この機会にご参加ください。

そして、
ご来店いただいたお客様に限り
来年度リリース予定ワインの先行予約を承ります!




日時:3月2日(月)19:00~22:00
   <当日は一般営業はいたしません>
会費:¥12000
定員:立食 30名
ワイン:約4杯分(貴重なバックヴィンテージもオンリスト予定です!)

*ご予約はお電話で受け付けております。
定員に達し次第受付終了となりますのでお申込みはお早目にどうぞ!
 03-5829-8190
f0097199_1716594.jpg

by wine-fujimaru | 2015-02-22 17:16 | @浅草橋店 FUJIMARU | Comments(0)

「技術を受け継ぐということ①」



広島の地で古来から営まれ、今また時を経て復活させた技術と味わいがあります。

今回は先日訪問してきた二軒をご紹介をします。



第一回目は竹原市にある小笹屋竹鶴酒造さん
ワインショップフジマルでもお世話になっています。

杜氏の石川達也氏に、仕込みの最盛期でお忙しい中ご案内いただきました。


f0097199_1637878.jpg



「小笹屋」として製塩業を営んでいた竹鶴酒造は、享保18年(1733年)に酒造業を開始。 日本のウイスキーの父と称される竹鶴政孝も竹鶴家の生まれとして知られています。

f0097199_17185177.jpg

脈々と続く酒造りの中、古くから保存してあった大きな木桶3本を再生、2009(平成21)酒造年度より、木桶仕込みを復活させる。
木桶は日本酒造りには欠かせぬものでしたが、現代の合理化の流れにより、ホーローやステンレスのタンクに取って代わられ、現在ではほとんど見られなくなっています。

f0097199_17211889.jpg
生酛造りは、蒸したお米を専用の櫂(かい)で摺り合わせながら自然な乳酸発酵を促す酛(もと)を造ります。

f0097199_17230010.jpg
そうして醸したお酒は、とても芳醇で柔らかな酸味が感じられる味わいに。
けれど自然な酵母発酵によるため、
今の科学をもってしても判明されていない事が沢山あるそう。
つまり、コントロールしにくいし、どんな仕上がりになるかわからない。


しかし石川氏はこう語ります。
『「わからなさ」が評価されることは、まずありません。因果関係の明確な製法が評価される風潮は今なお続いています。また、造られる酒も「わかりやすさ」に価値があるとされ、単純な香味が追求されてきました。しかしそれは、酒から「ロマン」が失われてしまったということではないでしょうか。
「わからないからこそ楽しいんです。」

f0097199_17252532.jpg

生酛造りは江戸時代末期に確立された最新鋭の技術。
石川さんは古文書や伝統に見る日本人の精神など、歴史や文化を辿り紐解きながら生酛造りを復活させています。
その姿はとても"旧い"ことをやっているのではなく、
新しいことに挑んでいると感じました。



「何を呑んだか覚えていないけどなんだか楽しかったな」
石川さんはそう思って欲しいと日々作られているそう。
お酒は作品ではなく、授かりものと

f0097199_17270308.jpg

私達はワイン屋ですが、こういった味わいもまた伝えていきたいと思います。

f0097199_17273673.jpg

写真は石川さんにご紹介頂いた、竹鶴さんのお酒が飲めるとても美味しいお蕎麦屋
「笑空(エソラ)」さんにて。

by.KIMURA
by wine-fujimaru | 2015-02-22 16:47 | @浅草橋店 FUJIMARU | Comments(0)

HASUMIとTAKUMIと、時々FUJIMARU

自分たちの好きなワイン生産者、好きなお店、好きな農家さんを皆様に伝えるための場所として生まれたFUJIMARU浅草橋。
そんな思いに賛同していただける生産者、料理人をお招きして一日限りのスペシャルイベントを開催します!

ワインは長野県東御市の『はすみファーム』さん!柔らかくしみじみと染み入る味わいが人気の造り手です!お一人でワイナリーを起業されたお話や独自のワイン哲学をニック.Y.蓮見氏に語って頂きたいと思います!

そしてお料理。新橋、知る人ぞ知る居酒屋『工-TAKUMI』さんの中安 工氏がこのイベントの為に立ち上がってくれました。フランスでの修業経験から創られる料理はどれも繊細かつ豪快!FUJIMARUスタッフはすでに大ファンの居酒屋さんです!当日はどんなお料理をご用意していただけるのか楽しみです!

もちろん当店シェフ山田の料理、伊禮セレクトのワインもご用意!

3月はイベントだらけですね・・・。
こちらも懲りずに宜しくお願いします!!

   
お料理、ワインは全てキャッシュオン!お好きな時間にお好きなだけ飲んで食べて笑える楽しいイベントにしたいと思いますので皆様のご参加お待ちしております!

日時:2015年 3月 15日 (日)
   13:00~22:00

場所:WINESHOP & DINER FUJIMARU 浅草橋店
   東京都中央区東日本橋2-27-19 Sビル 2F
   03-5829-8190

*当日はスタンディングのみとなります。
 予めご了承ください。
by wine-fujimaru | 2015-02-15 16:47 | イベント情報 | Comments(0)

KUSUDAさんが浅草橋にやってくる!?

今や世界トップワインメーカーに名を連ねる楠田浩之様をお招きしてのメーカーズイベントが急遽開催決定!

「造り手からのメッセージ KUSUDA WINES IN 浅草橋」

ニュージーランド、マーティンボロの地で造るそのワインは世界中のワインラヴァーを熱狂させ、その人気は確固たる地位を築き上げています。
当日はKUSUDA WINESのワインと当店シェフ山田のお料理を召し上がっていただきながら楠田様とのお話を楽しんでいただけるFUJIMARUらしいカジュアルなイベントとなっております。

またご来店いただいたお客様に限り来年度リリース予定ワインの先行予約を承ります!

是非この機会にご参加くださいませ。

日時:3月2日(月)19:00~22:00
   <当日は一般営業はいたしません>

場所:WINESHOP & DINER FUJIMARU 浅草橋店
   東京都中央区東日本橋2-27-19 Sビル 2F
   03-5829-8190

会費:¥12000

定員:立食 30名

ワイン:現在、生産者と調整中、約4杯分



*ご予約はお電話で受け付けております。定員に達し次第 終了となりますのでお早目に!
TEL03-5829-8190

下の写真は去年、ディレクター木邨がKUSUDAさんを訪問した時のものです。
f0097199_16333963.jpg


f0097199_1634193.jpg


f0097199_16342399.jpg


f0097199_16343750.jpg

by wine-fujimaru | 2015-02-15 16:36 | イベント情報 | Comments(0)

本気モード!バレンタイン♡


もういくつ寝ると...


バレンタインデー!!


ということで1月28日より阪急うめだ本店で行われている、

バレンタインチョコレート博覧会にお手伝いにいってきました。



今回FUJIMARUとして参加したのは、いま話題のレストランのシェフ達がこの日のために作り上げた

デセールコースとワインのペアリングを提供するRestaurant Dessert のコーナー。


いつもお世話になっている、シュクレクールから東京はレフェルヴェソンスまで、

総勢6名のシェフの本気のデセールフルコースを阪急で食べられるという夢のような企画でした!


シェフによって食材も、1枚のお皿の上での表現の仕方も全く異なり、毎日変わるお皿を見るのが楽しみでした。


f0097199_234632.jpg



そんなお皿を一品ずつ試食して、フジマルが本気で選んだ今回のペアリング。
なかなか濃い~ラインナップ。


これはその一部です。

f0097199_23457100.jpg



甘口ワイン、スティルワイン、シャンパーニュもあり。
デセールにないものをプラスしたり、お口の中で調和させたり。

色々な要素でデセールの楽しみ方を提案する。

デセールににワインを合わせるってこんなに楽しめるんですね。

面白い発見が沢山あったフェアでした。



この写真は、東京レフェルヴェソンスの生江シェフ。
お客様の前で、お皿を仕上げてサービスしてくれました!

f0097199_2372366.jpg


もう・・・写真・動画の嵐・・・

女性のお客様は完全にシェフの虜でした。

阪急でのバレンタインフェアは14日まで続きますので、

大阪に行かれる方はぜひお立ち寄りくださいね~!!

Haruka Sakuma


f0097199_23102229.jpg

by wine-fujimaru | 2015-02-07 23:13 | @浅草橋店 FUJIMARU | Comments(0)


大阪・日本橋のワイン屋の日常


by wine-fujimaru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
メディア掲載情報
WINE SHOP FUJIMARU
イベント情報
ワイン
ワインへの想い
FUJIMARUの本棚
レストラン
徒然
地図・営業時間
スタッフ募集
スタッフ紹介
藤丸智史が思うこと
HPはこちら
満月Pub
国産ワイナリー
海外ワイナリー
その他お知らせなど
ウラなんば情報
@カーヴ・デ・パピーユ
@島之内 フジマル醸造所
@京阪くずは フジマル醸造所
@天満橋店 ショップ&デリ 
@浅草橋店 FUJIMARU
@清澄白河 フジマル醸造所
フジマル食堂枚方T-SITE
@ネットショップ
ワイン造り
会社概要
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

リンク

お気に入りブログ

オータしゃちょうの風雲録
なないろめがね
Kaorin@フードライ...
ラ・バッロッタ
未来食堂通信
Nadja* bar ...
ランジュヴァンの日記
島之内フジマル醸造所
Cuisine Fran...
マツケン食堂のブログ
クロネコブログ
Ristorante d...
ワインショップ&ダイナー...

最新のコメント

ラスク 様 はじめまし..
by wine-fujimaru at 10:19
はじめまして。 料理も..
by ラスク at 14:00
松野 雄二 様 コメン..
by wine-fujimaru at 17:30
8月26日 6時30 3..
by 松野 雄二 at 11:30
隠れK様、コメントありが..
by wine-fujimaru at 10:38
初めてコメントします。7..
by 隠れK at 09:46
コメントありがとうござい..
by wine-fujimaru at 12:04
藤丸さんの「想い」をじっ..
by AYUMI at 12:19
メールありがとうございま..
by wine-fujimaru at 16:22
ありがとうございます、本..
by wine-fujimaru at 10:08

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
農家

画像一覧