<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

話題のワイン法とか、ラベル表示とかに思うこと。。。

いつになく長いです。

ちょっと書くつもりがとんでもないことに。

色んな意見があると思います。

でも、一番大事なことはみんな知ってるような気がします。


日本のワインのラベル表記や最近のワイン法について
フジマル的見解を書いてみました。

とっても長くなるので。。。
by wine-fujimaru | 2014-10-30 05:11 | 徒然 | Comments(13)

【10/25】飲んで歌って踊って25周年。『ミーツ祭!』本祭開催!

タウン情報誌という枠を超えて、大阪の街・人とともに歩んできたMeets。
ワインショップFUJIMARUもたびたびお世話になっていますが、
このたび25周年を記念してウラなんばで『ミーツ祭』が開催されます!

★飲んで歌って踊って25周年。『ミーツ祭!』本祭

昨日の前夜祭に続いて今日は本祭。
関西が誇る素晴らしきミュージシャンたちのライブを中心に、
豪華ゲストによるトークショー、さらに河内家菊水丸師匠による
ミーツ25周年特別音頭で踊れるかも!?

またこの日だけオープンする「ミーツ・バー」には、
フジマル醸造所が出店いたします!
島之内で造られた大阪のワインを、お楽しみください(^^)

15時より会場は味園ユニバースにて。
同時にウラなんば文化祭も開催中!
界隈の50店舗が参加する街バルイベントです、
ハシゴ酒をお楽しみください!
★飲んで歌って踊って25周年。『ミーツ祭!』本祭


今日はウラなんばがアツい!!
もちろんワインショップFUJIMARUも営業中です。
お気軽にお立寄りください~。
by wine-fujimaru | 2014-10-25 14:26 | イベント情報 | Comments(0)

『イタリア好き』の最新号~トレンティーノ - アルト・アディジェ州~届きました!

人が好き
旅が好き
出会いが好き
食べることが好き
愛することが好き
楽しいことが好き
そして、なによりもイタリアが好き。

そんなイタリア好きに送るフリーマガジン
『イタリア好き』の最新号が、
日本橋ワインショップFUJIMARUに届いております!

f0097199_214378.jpg

特集はトレンティーノ - アルト・アディジェ州。
ミネラリィで風味豊かなワインを造る、ジーノペドロッティの
ジュゼッペ・ペドロッティが表紙を飾っています。

マンマのレシピにワイナリー訪問記、チーズや食材の生産者紹介に
現地のレストラン情報、各種コラムなど、とてもフリーマガジンとは
思えないほどの充実した内容。

地ブドウ品種テロルデゴのワインの造り手として知られる
フォラドリもしっかり紹介されていました!

ワインショップFUJIMARUで無料配布しておりますので、
お気軽にお立寄りください。週末はなにかトレンティーノのワインを
スペシャルテイスティングで開けようかと思います!

※イタリア好き「トレンティーノ - アルト・アディジェ州」で紹介された
ワインを店頭もしくはオンラインショップでも販売しています。
★ジーノ・ペドロッティ
★フォラドリ
by wine-fujimaru | 2014-10-24 21:04 | ワイン | Comments(0)

【メーカーズセレクション】のご紹介⑤

初冠雪の便りオもちらほら、朝晩寒いですね~。
今日ご紹介する佐渡第二弾も、寒い寒い地から生まれた逸品です。

へんじんもっこ

名前を聞くだけでインパクトありますよね。
へんじん=変人
もっこ=方言で”頑固者”の意味
だそうです。
こだわりぬいた製法で、日本で初めて生タイプのサラミを誕生させた
一人の”もっこおやじ”渡辺慎一さんのお話。

30数年前、ヨーロッパで食べた白カビサラミにいたく感動、
そのころ継いだ家業の肉屋の行く末に悩んでいた渡辺青年は
「俺も日本でこんなサラミを作りたい!」
と一念発起。
しかし、当時は今の様に情報ツールも乏しく、頼りとなる書物もない。
結果独学でやるしかなく悪戦苦闘の日々。
語学や伝手があるわけでもなく勉強の為、訪独するも門前払い。
また、当時の食品衛生法の違いもあり
生タイプのサラミを世に送り出すことは非常に難しかった。
そんな中試行錯誤の末になんとか完成にいたった白カビサラミを「貴腐サラミ」と名付け、
1999年にオランダのコンテストに出品し、金賞を受賞。
そこから快進撃が始まる。
念願の製造免許も取得し、食品衛生法の改正も伴って今では当店でも人気の
「たまとろサラミ」やパテ、ペースト、ソーセージ、ハム、ベーコンなど20種以上に及ぶ製品を
8人の精鋭スタッフと本場ドイツで修業し国家資格セゲレ(職人)を持つ長男を工場長にし製造。
変人もっこはその後も進化を続け、ヨーロッパ各国のコンクールで輝かしい成績を残している。

そんなへんじんもっこの人気商品
「たまとろサラミ」
f0097199_15131583.jpg


乳酸菌で発酵熟成させた、乾燥・燻製していないとても柔らかな生タイプのサラミ。
サラミは固めというイメージを覆す名の通りトロリとした食感と
独特のまろやかな酸味が特徴です。

浅草橋では薄目にスライスしてご提供していますが、
パンに挟んだり、玉ねぎやチーズとも相性がいいのでサラダやパスタにも活用できます。

「物事を愚直にやり続けること。後は運と愛嬌だけ」
ちょっとこわもての顔をほころばせて、今日も頑固おやじは佐渡の地で美味しいサラミを作り続けています。
f0097199_1513459.jpg


勿論こちらもお取り寄せできます。
詳しくはこちらからどうぞ。

(有)へんじんもっこ
〒952-0115 新潟県佐渡市新穂北方548番地
TEL:0259-22-2204 FAX:0259-22-2448

http://www.rakuten.ne.jp/gold/mokko/
by wine-fujimaru | 2014-10-23 15:14 | @浅草橋店 FUJIMARU | Comments(0)

【メーカーズセレクション】のご紹介④

台風も過ぎ去り秋晴れのひと時いかがお過ごしでしょうか。
日に日に陽が短くなり、一日の時間は変わらないのになぜか物悲しい感じがするようです。

さて、本日はメーカーズセレクションのご紹介は二回に渡って、
新潟県・佐渡の美味をお伝えしてまいります。

佐渡は江戸時代、幕府が藩を置かず天領として自ら統治していた背景や、
高貴な人々の流刑の地ともなり、「島国の中の島国」として、独自の文化を醸してきました。
その為、豊かな自然も多く残り天然記念物の朱鷺の生息地としても有名です。
また、佐渡は古来から「金の島」と呼ばれ、今昔物語では砂金の採取が描かれ、
近年まで銀山として日本最大の産出量でした。
それを目指して全国から多くの職人や商人が佐渡へ集まり、一大都市へと発達。


そして、都市になると栄えるのが、文化と食卓。
佐渡ではいまだに造り酒屋が軒を並べ、当時の面影を残しています。
f0097199_1501795.jpg


そんな佐渡でまずご紹介したいのが
佐渡乳業さんが作り出す佐渡バター

手つかずの自然が残る佐渡島南から、厳選した契約農家さんの
新鮮な生乳を日々運んでもらい、
ミネラル成分が豊富な佐渡海洋深層水でできた食塩と共にバターを作る。
そして、今では珍しい木製のチャーンと呼ばれる木枠を用いて
遠心分離することで独特の風味が生まれ、それを一つずつ成型。
コクがあるのに、融点が低いため口どけが良く、ミルクの濃厚な旨みが残り、
色合いは白く、余計なものが添加されていない昔ながらの懐かしい味わいがします。
f0097199_14585585.jpg


品質にこだわった生乳には限りがあるため、生産量は決して多くありませんが
待ってても食卓に載せる価値ありです。
もちろん、浅草橋でもご提供していますので、是非一度お試し下さいませ。
f0097199_14592126.jpg

製造元の佐渡乳業さんでは直接販売していませんが、
東京の新潟物産館や
佐渡の名品を通販で購入できるサイトにてお買い求めいただけます。
(生産量が多くないため、一度お問い合わせの上お買い求め頂く事をおすすめ致します。)

新潟物産館 ネスパス表参道
http://www.nico.or.jp/nespace/tenpo.html

佐渡特選ネットショッピング
http://www.sadotokusen.jp/products/detail.php?product_id=440
by wine-fujimaru | 2014-10-17 15:01 | @浅草橋店 FUJIMARU | Comments(0)

【フジマル醸造所/キュベパピーユ・2014年新酒】

空の色も風の冷たさもすっかり秋模様。
現在販売中のフジマル醸造所のワインは、
メルローとカベルネソーヴィニヨンの2種類のみ。
おかげさまで「白ワインは?デラウェアはいつ出るの?」
というお声をいただいておりますが、2014年産の新酒を
ようやくご案内できることになりました。

今年とれたブドウから仕込んだ、フレッシュな味わいのワインです。
白はデラウェア、赤はマスカットベイリーA。2014年はさてどんな
味わいに仕上がっているのでしょうか。収穫の秋を祝うお祭りとして、
たくさんの方に楽しんでいただければと思います。

白赤どちらも受注した分だけ瓶詰めして販売という、
オーダーメイドの新酒です。購入ご希望の方は
下記オンラインショップからお申込みいただくか
お電話にてお問合せください。→06-6643-2330
オンラインショップはこちら

発売後は店頭販売分も少量ございますが、
購入ご希望の方はオンラインショップでのご予約をおすすめします!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
出荷時期:デラウェア、マスカットベイリーAとも
11月上旬以降の予定です。

※ワインの状態によっては出荷時期が変更となる場合が
ございます。どうぞご了承ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Dai Aramaki

f0097199_0194552.jpg

by wine-fujimaru | 2014-10-17 00:20 | ワイン | Comments(0)

【11/1】大阪旅めがね・飛鳥ワインで新酒まつり&特製イタリアンランチ

ワインイベント目白押しの季節ですが、毎年人気なのがコチラ。

飛鳥ワインで新酒まつり&特製イタリアンランチ

羽曳野にある飛鳥ワインさんを訪れ、
絶景のブドウ畑で石釜ピッツアランチをお楽しみいただけます!

ワイナリーとブドウ畑を見学しながら、代表・藤丸からワインにまつわるいろんなお話を。
イタリアンランチは八尾にあるラ・リサータ山田シェフが、
この日のために腕を振るいます。

いつも人気のイベントですが、もう少しだけ空きがあるそうです。
お申込はこちらからどうぞ!

料金:7600円(ガイド料・試飲代・ランチ代金)
当日必要なもの:歩きやすい服装・靴、帽子、雨具等
集合場所・時間 :10:00 近鉄南大阪線 上ノ太子駅
解散場所・時間 :13:30頃 近鉄南大阪線 上ノ太子駅

みなさまのご参加、お待ちしております。
by wine-fujimaru | 2014-10-11 15:33 | イベント情報 | Comments(0)

チーズ(ブリー・オ・グランマルニエ)にあうオススメワイン

鼻腔をくすぐるミルクの香り。
ナッツのような香ばしさにオレンジの鮮烈な彩りが加わって、口に含むと。。。
柔らかく旨みが溶け出してきてあわててワインを。
美味しいパンドカンパーニュを傍らに置いておけば、
永遠に口が動かせるんじゃないかと思うほどの幸せなひととき。

たまにはワインショップらしくチーズとの組み合わせをご提案します。
ブリー・オ・グランマルニエ。「マスカルポーネ」にグラン・マルニエを
混ぜたものをフレッシュの状態のチーズにサンドし、白かびを吹き付けて
熟成させていきます。ここに砂糖漬けのオレンジピールをのせて完成、
見た目にもフレッシュな食欲をそそるチーズです。

f0097199_17155018.jpg

なんといっても特徴はオレンジピールによる鮮烈な香り。
そこでこの柑橘系のニュアンスをより感じさせてくれるスパークリングワインは
いかがでしょう?適度な酸が有り、やはり柑橘よりなシュナンブランを用いた
ヴーヴレイなどがおすすめです。あのルメール・フルニエの畑を買い取り
立ち上げたプティコトーのヴーヴレー。絶妙な酸と果実味のハーモニー。

そしてメゾン・ブリュレのブラン2013年。ミシェル・オジェさん引退後の
メゾン・ブリュレを引き継いだのは、シュレールのもとで働いたこともある
ポール・ジレさん。この言葉だけでもう、簡単に王冠が飛んでしまいそう。

ライチの香りに頬が緩む奥野田葡萄園のローズ・ロゼ
ラングロール的?という声も聞くムレシップのガレジャード・ロゼも気になる存在です。
そしてクロ・デ・ムールのロゼも、いいんじゃないでしょうか。。。

パンとチーズとワイン。一見シンプルなものほど実は奥が深く、
その世界にハマっていくとなかなか抜け出せない世界。美味しいを通り越して
喜びを感じ始めると、その先はいよいよ悦びへ。。。

残念ながらチーズの販売はしておりませんが、チーズにあわせた
ワイン選びのお手伝いをさせていただきます。
みなさまのご来店、お待ちしております。

Dai Aramaki
by wine-fujimaru | 2014-10-08 17:17 | ワイン | Comments(0)

Meets 11月号に掲載していただきました

今日は10月1日です。
日本酒の日、コーヒーの日、そして醤油の日でもあるそうですが、
Meets 11月号の発売日でもあります。

特集は「ウラなんば、大興奮!」
ワインショップFUJIMARUもウラなんばエリアの端くれとして
しっかりご紹介いただいています。
(ぎこちない笑顔でお恥ずかしいです。。。)

ウラなんばで働く人。ウラなんばに住む人。ウラなんばで遊んでる人。
そして「ウラなんばってなに?」という方にも必見の内容です。

ぜひコンビニ・書店で手に取ってみてください!

Dai Aramaki

f0097199_15494979.jpg


f0097199_15502855.jpg

by wine-fujimaru | 2014-10-01 15:50 | メディア掲載情報 | Comments(0)


大阪・日本橋のワイン屋の日常


by wine-fujimaru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
メディア掲載情報
WINE SHOP FUJIMARU
イベント情報
ワイン
ワインへの想い
FUJIMARUの本棚
レストラン
徒然
地図・営業時間
スタッフ紹介
スタッフ募集
藤丸智史が思うこと
HPはこちら
満月Pub
国産ワイナリー
海外ワイナリー
その他お知らせなど
ウラなんば情報
@カーヴ・デ・パピーユ
@島之内 フジマル醸造所
@京阪くずは フジマル醸造所
@天満橋店 ショップ&デリ 
@浅草橋店 FUJIMARU
@清澄白河 フジマル醸造所
フジマル食堂枚方T-SITE
@ネットショップ
ワイン造り
会社概要
藤丸智史 メディア出演情報
ワインな日々
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

リンク

お気に入りブログ

オータしゃちょうの風雲録
なないろめがね
Kaorin@フードライ...
ラ・バッロッタ
未来食堂通信
Nadja* bar ...
ランジュヴァンの日記
島之内フジマル醸造所
Cuisine Fran...
マツケン食堂のブログ
クロネコブログ
Ristorante d...
ワインショップ&ダイナー...

最新のコメント

ラスク 様 はじめまし..
by wine-fujimaru at 10:19
はじめまして。 料理も..
by ラスク at 14:00
松野 雄二 様 コメン..
by wine-fujimaru at 17:30
8月26日 6時30 3..
by 松野 雄二 at 11:30
隠れK様、コメントありが..
by wine-fujimaru at 10:38
初めてコメントします。7..
by 隠れK at 09:46
コメントありがとうござい..
by wine-fujimaru at 12:04
藤丸さんの「想い」をじっ..
by AYUMI at 12:19
メールありがとうございま..
by wine-fujimaru at 16:22
ありがとうございます、本..
by wine-fujimaru at 10:08

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
農家

画像一覧