<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

満月Pub.36@Le Noeud Papillon(ル・ヌー・パピヨン)

36回目を迎えます、8月の満月Pub。
ちょうどお盆前の月曜日、場所は堺筋本町のル・ヌー・パピヨン。
18時から26時まで、たっぷりとお楽しみいただけます。

ヌーパピヨン前芝シェフのビストロ料理を、いつもよりお手軽な
小皿形式で。真夏の満月の夜にぴったりなヴァンナチュールを
たくさんご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。

日本酒は毎度おなじみかむなび伊戸川さんと杉本商店さんのセレクト。
夏でもやっぱり燗が冴えわたります。

パンは売切れ必至のル・シュクレクールさん。
ナジャ米澤さんによる出張ワインバーと、
ごきげん音楽ブースもお楽しみに。

いろんな想いが交錯する夏休み、葉月・満月の夜。
みんなで同じ星空を眺め、かけがえのないものを大切に。
心を繋げて、思いをひとつにしてみませんか?


第36回開催日 2014年8月11日(月)
時間 18:00~26:00(L.O.25:30)
        
場所   Le Noeud Papillon(ル・ヌー・パピヨン)
大阪市中央区安土町1-5-7 イーフィットビル 1F
 06-6262-0123

     ※当日は立飲みスタイルの為、ご予約はお受けしておりません。
      気が向いた時間にふらりとお越しください。 
     ※店外での騒音にはご配慮頂けると助かります。

料理  お店の小皿料理 1皿 300円~
    ル・シュクレクールのパン

飲み物 1グラス 300円~
      杉本商店さん、かむなび伊戸川さんセレクトの日本酒
      ワインバーナジャ米沢さんセレクトのレアものワインバー
      ワインショップFUJIMARUセレクトのワイン、ビール

満月の夜、ちょっとだけ立ち止まって、みんなで同じ空を見て過ごしませんか?
ワインやビール、日本酒を片手においしいお料理をいただきながら・・・。

満月Pub開催に至った経緯はこちら

お一人様、初めての方もお気軽にどうぞ。

Dai Aramaki

f0097199_23241335.jpg

by wine-fujimaru | 2014-07-27 23:24 | 満月Pub | Comments(0)

2013年のワイン造り

代表の藤丸です。

先週、2013年最後のワインを瓶詰めしました。
f0097199_157215.jpg


島之内フジマル醸造所としての初ヴィンテージ。

『本当に街中でワインが造れるのか?』

『そもそも藤丸はワインを造れるのか?』

そんな声もちらほら聞こえながらの2013年の初仕込み。

何とか廃棄することもなく(笑)
1万5000本近い本数を製造することができました。

ありがたいことに販売も順調で自社レストランやショップで半分、
出荷で半分と理想的なバランスになりそうです。

最近リリースされたカベルネソーヴィニヨン、
メルロー以外は残り在庫も200本を切り、
ワイナリーはほぼ空っぽです。

この状態で2014年のブドウを待つことができているのは本当に嬉しいです。
去年の今頃は不安で不安で(笑)

まだまだ下手くそなワイン造りですが
長い目で見てくれている皆さんのお蔭で
2年目に突入することができそうです。
本当にありがとうございます。

2013年のワイン造り
by wine-fujimaru | 2014-07-27 15:27 | ワイン造り | Comments(0)

隅田川花火大会とワイン


いよいよ夏も本番!
今日は地元も大いに盛り上がる隅田川花火大会。
目の前が停泊所の屋形船宿も朝から活気づいています。

当店でも日頃ワインを販売しておりますが、
今日はお持ち帰りの方にはコップを二つサービスいたします。
冷たいワインを片手に鑑賞されてはいかがでしょうか?
ご来店お待ちしております。


また、夏旅情をかきたてられるPremium9月号に当店の料理をご紹介頂きました。
沖縄、パリ、ロンドン、長野。
行ってみたい、素敵な情報が満載です。
是非ご覧下さいませ。
f0097199_1455732.jpg
f0097199_1461855.jpg

by wine-fujimaru | 2014-07-26 14:07 | @浅草橋店 FUJIMARU | Comments(0)

フジマル醸造所より新発売ワインのご案内です!

新発売!!というよりは、正直に申しますと
発売を忘れてしまっていたワインです。。。

ケガの功名といいますか、じっくりとセラーで休ませていた
ワインをテイスティングしてみると、いい感じにほぐれて柔らかく、
とっても美味しい状態でした。

今回は赤ワイン2種類のリリースです。どちらも極少量(残り百数十本)
ですので、気になる方はお早目にお買求めください。

f0097199_1934924.jpg

★キュベパピーユ 高井田ベイリーA(赤)2013 ラベルなし
13年9月7日に収穫された大阪産マスカットベイリーAを島之内のワイナリーで醸造。
ほんのり薄濁りで落ち着いた赤いベリー系、梅紫蘇などのニュアンス。
開けたては少し還元していますが、時間と共に抜けていきます。
じんわり染みこむような果実味に程よい酸が引き締めてくれる
キュベパピーユらしい味わい。薄くて軽くて旨い、しみじみとした美味しさ。

★メルロー マスカットベイリーA(MMBA)(赤)2013 ラベルなし
13年8月26日に収穫された兵庫県産メルローと13年9月7日に収穫された
大阪産マスカットベイリーAを島之内のワイナリーで醸造しブレンド。
黒系ベリーやプラムなどの香りにスパイスが入り混じります。しっとりとした
湿った土を思わせる和風な印象。柔らかい酸があって見た目よりは軽やか、
スルスルと入ってくる心地いい飲み口です。


その他、現在発売中のワインは下記4種類ございます。

★柏原デラウェア2013(白)
柏原市の山間にあります雁多尾畑(かりんどおばた)という畑で、
2013年は地主さんが栽培されていて、収穫から仕込みまでが私たちの
手によるものです。生産量は818本。大阪のデラウェアの魅力を
わかりやすく伝えられるよう、できるだけ軽やかな造りを目指しました。

★キュベパピーユDSL(デラウェア・シュール・リー)2013(白)

柏原市の山間にあります雁多尾畑(かりんどおばた)という自社畑のデラウェア100%。
生産量は1740本。ワインの仕込み量1581ℓのうち1114ℓはステンレスタンクで発酵、
残りは樹脂タンクにて醗酵させて上澄みをブレンド。主発酵後に極少量の亜硫酸塩を添加。
澱引きせず4ヶ月弱シュールリー。その土地ならではの旨みをたっぷりと含んだ、
私たちフジマル醸造所のフラッグシップ的なワインです。
2013年産のワインですが、新酒とはまた違った味わいに仕上がりました。
大変しっかりとした印象で、充実した旨みがありながらも、余韻にはじわっと
酸が広がる繊細なまとまりです。

★サンセミヨン(白)2013
広島県の世羅ワイナリーからブドウを分けてもらい、島之内フジマル醸造所で造った
白ワイン。ブドウ品種は「サンセミヨン」という名前で、セミヨンと笛吹の交配品種とのこと。
除梗せず圧搾機にかけ低温にてじっくりと発酵。無濾過・無清澄にてブドウの味わいを
そのまま感じる仕上がりに。今年はとくにスキンコンタクトをしていないものの、
しっかりと黄色みを帯びた仕上がりです。

★カベルネソーヴィニヨン(赤)2013 ラベルなし
13年9月24日に収穫された兵庫県産カベルネソーヴィニヨンを島之内の
ワイナリーで醸造。適度にスキマのある柔らかさ、スムーズなのど越しと丸い質感。
黒系ベリーの香りが余韻にほんのり残ります。

f0097199_19351699.jpg

※フジマル醸造所のワインはすべて、酸化防止剤の添加を最小限にとどめています。
温度変化にさらされますと品質劣化の恐れがございます、
低温での管理(16度以下)をお願いいたします。

オンラインショップ「クラブパピーユ」ほかFUJIMARU各店で販売しております。
お気軽にお問合せください。
06-6643-2330


Domaine des Papilles  ドメーヌ・デ・パピーユ  『島ノ内フジマル醸造所』
成りたち:
2010年、ワインショップFUJIMARUやカーヴ・デ・パピーユなどワインショップを
経営する株式会社パピーユが、ボランティア数名とともにカタシモワイン&フード
(通称カタシモワイナリー)より、柏原市大県(おがた)にある『堂の内畑』
(マスカットベリーA)を借り受け、カタシモワイナリー内にて委託醸造を開始、
『ドメーヌ・デ・パピーユ』ブランドのスタート。

2011年、耕作放棄地であった『岩崎谷畑』を大阪府の外郭団体みどり公社の斡旋で
地主さんより借り受ける。再開墾し垣根仕立てのぶどう畑(メルローなど)を造成。
2012年、高井田にてデラウェアとベリーAの畑を新たに賃借。また、羽曳野市の
飛鳥ワインにて太子町のデラウェアを委託醸造。2013年、大阪市中心部、
島の内にて醸造所を設立。日本でも類を見ない都市型ワイナリー
『島の内フジマル醸造所』を創業させる。

ぶどう造り
畑ではボルドー液以外は年に2~3回ほどの防除のみと減農薬を心がけ、
農作業はすべて手作業で注意深く行いました。収穫されたブドウは選果、
粒よりし健全な粒のみを使用。ワインをお飲みになるお客様の顔を想像しながら、
スタッフとボランティアの方々とで力をあわせワインを造りました。
本当にたくさんの人に手伝っていただいたおかげで、
このワインは出来上がりました。

ワインを飲むことで会話が生まれ、より楽しい食卓になりますように。
No Wine , No Life !
by wine-fujimaru | 2014-07-19 19:39 | 国産ワイナリー | Comments(0)

浅草橋の料理達

こんにちは。浅草橋より伊禮です。

オープンしてもうすぐで3か月。



東京だけではなく大阪からのお客様もたくさん来て頂き
日々励みになっております!ありがとうございますm(_ _)m



浅草橋店ではディレクター木邨が全国各地から
生産者の想いのつまった食材を集めてきます。


その食材達はシェフ山田の手によって
大胆かつ繊細な料理へと変身していきます。


f0097199_15461948.jpg

高知県 四万十のシラスと有機豆のポテトサラダ
定番料理で高知の豊かな自然が感じられる一皿に




f0097199_15482985.jpg

岩手県 通称エリート牧場の牛レバーのサラダ
プリプリの新鮮なレバーを多めのピーナッツオイルでしゃぶしゃぶ(?)




f0097199_1558082.jpg

静岡県 和豚もち豚のタン エシャロットのヴィネグレット
衛生環境に非常にこだわり健康的に育った豚はタンも
臭みがなく繊細な味わい。




f0097199_1644857.jpg

北海道 ELEZOの牛ハツのバイアルディ
新鮮な牛ハツを軽くグリル。色とりどりの夏野菜と。
ELEZO社はスタッフが料理人でありながら狩猟免許を持つ
肉の特殊部隊。当店ではELEZOのシャルキュトリーもお召し上がりいただけます。




f0097199_16194194.jpg

岩手県 石黒農場ホロホロ鶏 もも肉のコンフィ
しっとりとした質感の極上ホロホロ鶏をコンフィに。
胸肉は冷製でサラダ仕立てでお出ししております。


浅草橋店ではこんな感じで毎日新しい料理が生まれ毎日メニューが変わります。
そのライヴ感こそが、浅草橋店の魅力だと思っております。

お客様よりスタッフが楽しんでるかも・・・。

私も二人に負けないよう素敵なワインをご提案できるようがんばります!
ぜひ皆様のご来店お待ちしております!!


伊禮
by wine-fujimaru | 2014-07-18 00:54 | @浅草橋店 FUJIMARU | Comments(0)

【イル・ポーベロ・ディアヴォロ】魚介と野菜のファンタジスタ ~ウラなんば~

くたくたに煮込まれた大根と味がよく染みこんだブリ。
およそブリ大根というものに私たちが抱くイメージを、
軽やかに、颯爽と覆してくれたイル・ポーベロ・ディアヴォロさんのブリ大根。

f0097199_2124888.jpg

小さいながらも旨みがギュッと閉じ込められたブリに、
シャキシャキとした食感が楽しい大根は、噛めば噛むほど正真正銘大根の味わい。
次世代型ブリ大根、ブリ大根2.0とでも表現したくなる独創的な料理に
驚きを覚えてはや三ヶ月、今度は夏の魚と夏の野菜を求めて、
木津市場のすぐ近くにあるイル・ポーベロ・ディアヴォロさんを訪れました。

f0097199_21243873.jpg

お皿をキャンバスに見立て散りばめられた色とりどりの魚、野菜、ソース。
一見前衛的に見えるお料理ですが、素材の味をシンプルに生かした、
どこか和風テイストも感じさせる優しいお料理。シュッとしたいでたちながら、
柔和な笑みを絶やさない羽田シェフの人柄も表れているのでしょうか。

さて、一杯飲んで、軽くつまんで、気軽にハシゴ酒を楽しめるのがウラなんばの魅力のひとつ。
一方でイル・ポーベロ・ディアヴォロさんは、なんばからは少し遠い木津市場に
隣接されたなんば木津まち横丁「○-エン-」内にあり、料理は6,000円からの
おまかせコースのみと、やや敷居が高く感じられるかもしれません。

f0097199_2125234.jpg

それでも、木津市場を冷蔵庫がわりに旬の魚と野菜のフルコースを楽しませてくれる
イル・ポーベロ・ディアヴォロさんはやっぱり「ウラなんば」の名店。もっとたくさんの
人に知ってもらいたいと思い、今回ご紹介させていただきます。

この日は炙った金目鯛にモモとトマトをあわせた一皿から。
白桃のニュアンスがある甲州とともに涼しげなスタート。

f0097199_21251868.jpg

サザエ、バイ貝、ナス。肝のソースもよく絡んで、
酒飲みの心を鷲づかみにする美味しさ。

ねっとりと濃厚なケンサキイカは、造りのほかに
ゲソの煮こごりをソテーしたものも。
これがイカ入りお好み焼を思わせる、
濃厚かつ庶民的な美味しさでたまりません。

皿にアクセントを与えるマイクロハーブは、広島のハーブ農家さんから
仕入れたもの。小粒ながら力強い味わいに富みエネルギッシュ。
見た目の華やかさだけでなく、皿の完成度を高める質実剛健としたナイスアシスト。

f0097199_21275452.jpg

お寿司屋さんのカウンターで出てきそうな煮穴子はホロリとした食感が持ち味。
山椒と肝を内包し、混然一体とした旨みが時間差でゆっくりと広がります。
そこに胡瓜、メロン、冬瓜、白ウリが添えられなんとも夏らしい一皿に。

f0097199_21292844.jpg

ジャコのペースト・生のりとハマグリのスパゲッティ。食べるほどに磯の香が漂い、
脳裏をよぎるのは南の島の青い海。

かすかに火を通す調理法ミキュイを施したチヌは程よい触感と
重層的な旨みが身上。皮目のパリッと香ばしいところが樽熟成を経た
シャルドネと円熟のマリアージュをみせ、思わず天を仰ぎます。

ドルチェもまたいろんな仕掛けがされた楽しいお皿。
ここでネタばらしするのもアレなので、
ぜひお店で楽しんでください!

「レストランってこんなに楽しいところだったんだ。」
そう思わずにはいられない、魚介と野菜のファンタジスタ・羽田シェフのお料理。
大阪の台所・木津市場に集まってくる豊富な食材をその独特なセンスと
確かな技術で昇華させた料理は、“うまいもん”にうるさい大阪の人たちの
胃袋をたしかに掴みはじめています。

新しい「ウラなんば」の名店として。
なんばから大国町、木津市場周辺がもっともっと盛り上がれば。
秋の魚に冬の野菜もますます楽しみなイル・ポーベロ・ディアヴォロさん。
ぜひ一度行かれてみてはいかがでしょう!

※おまかせコースのみですので事前のご予約をおすすめします。

Il Povero Diavolo (イル ポーベロ ディアヴォロ)
06-4395-5150
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東2-2-1-317
なんば木津まち横丁「○-エン-」内
営業時間:18:00-23:00
定休日:水曜日
FBページあります
by wine-fujimaru | 2014-07-16 21:35 | ウラなんば情報 | Comments(0)

新着!日本ワインのご案内

夏!本番を前にじめじめとした天気が続く大阪ですが。。。
今日は最近入荷してきた日本ワインのご紹介を。

f0097199_18532287.jpg

左から、大阪カタシモワイナリーのサンセミヨン・スパークリング。
サンセミヨンって聞き慣れない品種かもしれませんが、
黄色い果実を思わせるふくよかな味わいです。
これをスパークリングにすると、さてどんな感じに?

そして大変お待たせしました。ハマった人は確実にリピーターになる
癒し系ワインの筆頭格、琵琶湖ワイナリーの浅柄野レッドミルレンニューム・
無濾過バージョンが装いも新たに新入荷。酵母が生きていて中身が吹く
恐れがあるからこのキャップにしたのでしょうか。
妙に豪華なエチケットもなんだかくすぐったい感じです。

信州・はすみふぁーむからは龍眼が届いています。飲んだことのない
ブドウ品種ですが、すっきりとした酸とふくよかな果実味との絶妙のバランス、
とのこと。〆た魚との相性がいいそうで、
きずしあたりで明るいうちから一杯いかがでしょう。

そして赤ワイン、先月から販売しておりますフジマル醸造所の
カベルネソーヴィニヨン2013年。兵庫県産ブドウを用いて島之内で醸造しました。
優しい口当たりにカベルネソーヴィニヨンらしいスパイス香を感じられる、
様々な料理に合わせやすい飲み心地です。

山梨からは甲斐ワイナリー・キュベかざまメルローとキュベかざまバルベーラが
初登場。昨年、かざまメルローの柔らかくも芳醇な美味しさにびっくりしただけに、
上級キュベもさらに楽しみなところ。そしてニッポンのバルベーラは一体どんな
仕上がりに?こちらは数量限定ですのでどうぞお早めに。

最後の一本は長野・ファンキーシャトーのファンキー・ルージュをご紹介。
グリグリ・ロゼに続いてシャルドネ、ピノグリ、カベルネ、メルローとリリースが続いた
ファンキーシャトー。濃密な凝縮感とふくよかな余韻は少し日本ワイン離れした
ところのある、大変個性的なワイナリー。その名の通りファンキーな味わいを
食卓に届けてくれることでしょう。

ブドウは長野県上田市塩田平地区の契約農家さんのメルロー100%。
自然発酵、無濾過、無清澄、手間暇かけた逸品です。

暑くなるとさっぱりしたものが食べたくなりますよね。そんなときは
日本ワインはいかがでしょう?優しくスッと寄り添うような、心地よい味わいです。

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

荒槙 大
by wine-fujimaru | 2014-07-14 18:54 | ワイン | Comments(0)

楠田浩之さんをお迎えしての<造り手からのメッセージ・クスダワインズ>

「ピノノワールで、世界をアッと言わせるワインを造りたい。」

ワインの魅力にとりつかれ、自らのワインを造るため
ニュージーランドに移住した楠田浩之さん。

「ブルゴーニュの特級畑を手に入れて、そこでいいワインを造ったとしても、
それは畑がいいから、ということになる。そうではなくて、今はたとえ無名でも
可能性があり、ピノノワールに適した土地でワインを造り、世界に認めて
もらいたい。そのためにはニュージーランドが最適な場所だった。」

アツい情熱と確かな分析のもとスタートしたクスダワインズ。
10年以上が経過し世界での評価も高まるなか、一時帰国にあわせて
楠田さんと一緒にワインを飲むイベント<造り手からのメッセージ>を
開催いたしました。

f0097199_1671227.jpg

リースリング2013年で和やかに乾杯。コルクとスクリューキャップによる
香味の違いに触れながら、みずからのワインについて語る楠田浩之さん。
グラスの中の液体も雄弁に語っていました。

ピノノワールが注がれる頃になると芳しい香りが漂い、みなさんの顔も
自然とほころびはじめます。

ワインを造った本人とお話しをしながら、そのワインを飲み、そのワインに
ついて感想を言ったり質問をしたりする。まるでオープンキッチンのカウンターで、
シェフとおしゃべりをしながら料理をいただいているかのような感覚。

最後はシラー2011年がグラスへ。うっとりとする芳香に滑らかな質感、
小気味いいスパイシーさ。畑におけるきめ細かい作業や、醸造段階での繊細さ、
慎重さ、そしてときに大胆さをもうかがわせる、スケールの大きな旨みに満ちたワイン。

楠田さんの話を聞き、人柄に触れ、クスダワインズの美味しさを再確認できた会
ではなかったでしょうか。そして楠田さんから感じられたエネルギッシュなオーラ。
これからのクスダワインズがますます楽しみになってきました。

さて次回はどんな造り手がやってきてくれるのでしょう。。。実は主催者側も
楽しみにしているイベントだったりします(笑)こうご期待!!

f0097199_1672969.jpg

※残り少なくなってきましたがクスダワインズ販売しております。お気軽にご利用ください。
オンラインショップ・クラブパピーユ
by wine-fujimaru | 2014-07-13 16:08 | イベント情報 | Comments(0)

満月Pub.35@北浜くくり&立吞処 縁(ゆかり)

いよいよ2014年も後半戦へ。
そして満月の日は変わらずやってきます。
35回目の満月Pubは北浜にある日本料理屋さんで。

北浜くくりさんと、すぐ隣にある立吞処 縁(ゆかり)さんにて開催します。

7月12日は土曜日開催。いつもとは雰囲気が異なるオフィス街の一角で、
小粋な満月Pubを楽しみませんか。

北浜くくりさんは17時から25時(L.O.24:30)まで、
立吞処 縁(ゆかり)さんは17時から23時(L.O.22:30)までとなります。

七夕の五日後、文月・満月の夜。
みんなで同じ星空を眺め、かけがえのないものを大切に。
心を繋げて、思いをひとつにしてみませんか?

土曜の真夏の満月Pub、着物でお出かけするのもいいかもしれません!?


第35回開催日 2014年7月12日(土)
時間     北浜くくり 17:00-25:00
        立吞処 縁(ゆかり) 17:00-23:00
        

場所   北浜くくり 大阪市中央区平野町2-3-14 06-6223-5800
      立吞処 縁(ゆかり)  大阪市中央区平野町2-3-14 06-6223-5805

     ※当日は立飲みスタイルの為、ご予約はお受けしておりません。
       気が向いた時間にふらりとお越しください。 
     ※店外での騒音にはご配慮頂けると助かります。

料理  各お店での小皿料理 1皿 300円~

飲み物 1グラス 300円~
      杉本商店さん、かむなび伊戸川さんセレクトの日本酒
      ワインバーナジャ米沢さんセレクトのレアものワインバー
      ワインショップFUJIMARUセレクトのワイン、ビール

満月の夜、ちょっとだけ立ち止まって、みんなで同じ空を見て過ごしませんか?
ワインやビール、日本酒を片手においしいお料理をいただきながら・・・。

満月Pub開催に至った経緯はこちら

お一人様、初めての方もお気軽にどうぞ。

Dai Aramaki

f0097199_17291928.jpg

by wine-fujimaru | 2014-07-04 00:27 | 満月Pub | Comments(0)


大阪・日本橋のワイン屋の日常


by wine-fujimaru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
メディア掲載情報
WINE SHOP FUJIMARU
イベント情報
ワイン
ワインへの想い
FUJIMARUの本棚
レストラン
徒然
地図・営業時間
スタッフ募集
スタッフ紹介
藤丸智史が思うこと
HPはこちら
満月Pub
国産ワイナリー
海外ワイナリー
その他お知らせなど
ウラなんば情報
@カーヴ・デ・パピーユ
@島之内 フジマル醸造所
@京阪くずは フジマル醸造所
@天満橋店 ショップ&デリ 
@浅草橋店 FUJIMARU
@清澄白河 フジマル醸造所
フジマル食堂枚方T-SITE
@ネットショップ
ワイン造り
会社概要
藤丸智史 〜メディア出演情報〜
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

リンク

お気に入りブログ

オータしゃちょうの風雲録
なないろめがね
Kaorin@フードライ...
ラ・バッロッタ
未来食堂通信
Nadja* bar ...
ランジュヴァンの日記
島之内フジマル醸造所
Cuisine Fran...
マツケン食堂のブログ
クロネコブログ
Ristorante d...
ワインショップ&ダイナー...

最新のコメント

ラスク 様 はじめまし..
by wine-fujimaru at 10:19
はじめまして。 料理も..
by ラスク at 14:00
松野 雄二 様 コメン..
by wine-fujimaru at 17:30
8月26日 6時30 3..
by 松野 雄二 at 11:30
隠れK様、コメントありが..
by wine-fujimaru at 10:38
初めてコメントします。7..
by 隠れK at 09:46
コメントありがとうござい..
by wine-fujimaru at 12:04
藤丸さんの「想い」をじっ..
by AYUMI at 12:19
メールありがとうございま..
by wine-fujimaru at 16:22
ありがとうございます、本..
by wine-fujimaru at 10:08

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
農家

画像一覧