<   2010年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

面倒くさがり屋さん?

先日とあるお客さんからちょっと見に来てとお声がかかる

伺ってみると・・・・

2005年と思いきや
ラベルを剥がしていくとそこには2004年の印字が
はたして気にするのは日本人だけなのか????

ごく稀にみかけますが
はがすの面倒くさかったんだろぉな~
フェイクならちゃんと剥がしてから張りなおすだろうし。。。。
f0097199_16485292.jpg


コルクはどっちやったんでしょうか?              E.FUKUI
by wine-fujimaru | 2010-03-21 16:56 | ワイン | Comments(4)

妄想力

今日はとても暖かくて気持ちいいですね。

ただ、チャリ乗りとしては着るものに頭を悩ませるところ
厄介な季節、きっと風邪ひきます。

飲み食いが好きな者としては
春らしい食材を見かける度に
どんな風に食べたら美味しいだろうと妄想してみたり
外で飲むならこんなお酒がいいなぁと
やっぱり妄想して無性にお酒が飲みたくなったりと非常に困った季節です。

そして桜の季節。
外でお酒を飲む事に対してこれほど完璧な言い訳はちょっと無いのでは。
日本人で良かったと思う瞬間です。


春は妄想の季節。
妄想力と想像力。
違うようでけっこう一緒。


妄想好きの方へ
花見の際にはバーベキューの食材とワインを買いに黒門市場までちょっと足をのばしてみませんか?

年々季節の移ろいが感じにくくなってきたといわれる昨今ですが
少し歩けばそこにはしっかりと季節を感じる事ができる妄想市場
f0097199_18494033.jpg


そして
f0097199_1943925.jpg

妄想ワインショップ!?も・・・・・


只今わたくし妄想中。。。。。                              E.FUKUI
by wine-fujimaru | 2010-03-20 19:05 | WINE SHOP FUJIMARU | Comments(2)

必ず行くお店 パートⅡ

最近、みんなからブログを更新するなら少しずつしなさいと怒られました。

更新しなかったらしなかったで、サボりすぎって言うのに
頑張ったら頑張ったで、更新しすぎって、、、ヒドイ(泣)

うちのブログは多くても3日に一回ぐらいのぞくペースでお願いします。
毎日は無理です(笑)

話は変わって、
こないだ、フェリチタのことを書きました。
食事をするしない別にして、必ず立ち寄る店でした。

で、今日は、必ずではないのですが
かなりの確率で行くお店があるのでご紹介したいと思います。

赤坂にある韓国料理 一龍 というお店です。
この店に行く時は、いつも朝の5時ごろ。
すでに4~5軒はしごして、朦朧としながらここのソルロンタンを食すのが私の青春(?)時代でした。

あまりに多すぎる小皿料理とご飯、
そして、ソルロンタン。

いつも翌日、後悔するのですが
食べてる最中は幸せです(笑)

で、先日、とってもびっくりしたことが・・・

このお店の支店がなんばに出来たんです。

詳しくはこちらのブログで

きっちゃん

きっちゃんのブログで初めて知りました。
このお店、有名だったんですね・・・
知らずに通ってました。

どんだけお酒飲んでても
ここのスープは体にしみ込んでくるんですよね~。
味を調整できるのもグッド。
締めラーメンならぬ、締めソルロンタン。
是非、お試しください。


追記:このお店、24時間営業・年中無休です!
by wine-fujimaru | 2010-03-19 16:05 | レストラン | Comments(0)

必ず行くお店

私には東京に行くと必ず立ち寄るお店があります。

レストラン時代からなので、もう何度行ったかわかりません。

そのお店は、南青山の『フェリチタ』というリストランテで、
超一等地で一棟建のグランメゾン
2、3階がリストランテ、1階が遅い時間までやっているワインバーになっています。

料理、ワインのセレクト、サービスどれをとっても凄いレベルのお店です。

そんなフェリチタを率いるのが岡谷シェフ。
イタリアンの料理人ならみんな知ってる大御所シェフが
縁あって大阪でコラボイベントを行うことになりました。

コラボるのは我らがDAIGAKU他谷シェフ!
これまた若手では、頭二つぐらい飛びぬけたシェフです。
今回はDAIGAKU5周年の記念イベントとして、
なんと東京から岡谷シェフをお招きして、特別コースをご提供させていただきます。

本来なら東京でしか味わえないリストランテの味と
それに影響を受けた若手料理人との饗宴、是非、お楽しみください!

あ、もちろん、私はお客さんで参加する予定(笑)
(合流希望者、募集中です)
だって、こんな機会、まずないですからね。

ご予約お待ちしております!!

日  時:2010年3月21日(日)

 <ランチ>

 開   始:12時30分開始 (受付12時~)

 会   費:お一人様¥6300- 税・サ込 ドリンク別

 定   員:24名様

仔ウサギのインボルティーニ  腿肉のバルバレスコ煮とザクロのインサラータ  
佐久産鯉の洗いと木の芽ペースト和えた冷製フェデリーニ
全粒紛のトロッフィエ  茨城産仔牛と碓井豌豆のラグー 
豚足とトリッパの煮込みの香草パン粉焼きとイベリコ豚コッパ肉のカッチャトーラソース
空豆とマスカルポーネチーズのムース  セージのジェラート          

 <ディナー>
 
 開   始:19時開始 (受付18時30分~)

 会   費:お一人様¥12600- 税・サ込 ドリンク別

 定   員:24名様

茨城産バルバリー種鴨胸肉のカモパッチョ  マスカルポーネチーズの野菜酢漬け和え添え
仔ウサギのインボルティーニ  腿肉のバルバレスコ煮とザクロのインサラータ        
佐久産鯉の洗いと木の芽ペースト和えた冷製フェデリーニ
全粒紛のトロッフィエ  茨城産仔牛と碓井豌豆のラグー
カッポンマーグロ
豚足とトリッパの煮込みの香草パン粉焼きとイベリコ豚コッパ肉のカッチャトーラソース
蕗の薹のチョコレートテリーヌ

 会   場:bistro à vin DAIGAKU 
        大阪市中央区東心斎橋1-4-22

ご予約は06-6241-5431 まで

DAIGAKUのブログ 

P.S.大御所シェフと書くとなんだか怖いイメージがありますが、
料理とワインをこよなく愛するとっても優しい料理人です。
by wine-fujimaru | 2010-03-18 22:57 | イベント情報 | Comments(0)

業務店様へ

お取引先の飲食店さまへ

ワインショップFUJIMARUでは
業務店様向け在庫リストをHPよりダウンロードできるようになっています。
お取引先さま向けとなっておりますので
IDとパスワードが必要になります。

業務店様専用ページ

試飲会の案内や新着ワインのご案内なども載せておりますので、是非、ご活用ください。

ご興味のある方は各営業担当、
もしくは店舗までお問い合わせください。

また、お取引がないお客さまにおきましても
在庫リストをメールにて送ることも可能ですので店舗までご連絡ください。

業務用試飲会やイベントなど多数行っております。
取引のある、ないに関わらず、ご興味があればお問い合わせいただければ幸いです。
by wine-fujimaru | 2010-03-18 15:19 | WINE SHOP FUJIMARU | Comments(0)

部活

真夜中フットサル

3月14日(日)
いつもの場所で、いつもの時間に。
by wine-fujimaru | 2010-03-14 15:11 | 徒然 | Comments(0)

ピエール・エ・カトリーヌ・ブルトン

f0097199_16285167.jpg

このモニュメントでわかった方はなかなかのマニア。

タイトルにもあるように、ブルグイユの生産者
『ピエール・エ・カトリーヌ・ブルトン』

ピエールさんとカトリーヌさんのご夫妻で経営しているワイナリーです。

ブルグイユといえば、カベルネフラン。
つまり赤の産地な訳ですが、あまり日本では人気がありません。
理由は、ロワールのカベルネフランは時として青臭くて薄っぺらくいものがあるから。
ただ、最近は栽培・醸造技術が進歩しているのでしっかりと熟したジューシーなフランも増えてきてます。

で、このブルトン夫妻。
実はお二人とも醸造家。
ピエールが持っていたブルグイユ、カトリーヌが持っていたシノンやヴーヴレィが
結婚を機に合併し、今のブルトンを造っています。

面白いのが、この二人、ワインに関しては全くアプローチが違う。
簡単に言うと、
クラッシックなピエール、自然派のカトリーヌという感じ。
なので、どちらが造ったキュベかで全く味筋が違う(笑)

今回はピエールが案内してくれたのでブルグイユを中心に。
f0097199_16393539.jpg

カッコいいティスティングルーム。

f0097199_1640935.jpg

テーブルにこの辺りの地形が彫刻されている。

まずは、歴史や土壌の説明から。
こういう説明を丁寧にしてくれるのは、やはり歴史ある生産者の方が多い。
勉強になります。

f0097199_16422131.jpg

カトリーヌのも含めて沢山飲みました。
(多すぎて書けません)

初体験のブルグイユ蔵出し古酒。
f0097199_16431694.jpg

85と87(自家消費用なので無理やり手書き)

これ、ワイン経験値をグッと深めてくれる凄いワインでした。

だれだ?ロワールのフランの悪口言う奴は!?もう絶対、誰にも言わせない。
ブルグイユの秘めたる可能性を存分に感じさせてくれるものでした。

f0097199_16494732.jpg

カーヴへ移動。
こちらも畑の下がカーヴになっています。

わ、凄い!
f0097199_16523167.jpg

まるで、映画にでも出てきそうなカーヴ。
美しい。

f0097199_16535375.jpg

みんなあっけにとられてます(笑)

f0097199_1655331.jpg

もちろん樽から試飲。

また別で書きたいと思うのですが、
09、凄いヴィンテージになりそうです。
どこの09も非常に美味しかったですね。
何人かは05を超えるんじゃないかと言ってました。
ちょっと値段が心配ですが。

f0097199_16551684.jpg

ピエールさんの写真がブレブレでまともなのはこれだけ。すいません。

育ちの良さを感じるピエールさん。
知性的な話が多く、とても興味深いものでした。
竹下さん曰く、
奥さんのカトリーヌは情熱的で全く正反対の性格らしいです。

そんな二人が醸すワイン、是非飲み比べてみてくださいね。

これが何かわかる人はもっとマニアック(笑)
f0097199_173683.jpg

by wine-fujimaru | 2010-03-13 16:27 | ワイン | Comments(0)

ありがとうございました。

アンリ・ブルジョワ来日パーティにご参加いただきましてありがとうございました。

行きとどかない点も沢山あったにも関わらず、
多くのお客さまからまたやってくださいとの言葉をいただき、
胸がじわっとアツくなりました。

本当にありがとうございました。

ブルジョワさんは、日本に40回以上来てるにも関わらず、
大阪は20年前に一度来ただけで、今回が2回目でした。
会の終了後、打ち上げをしたのですが
なぜ、もっと来れなかったのか、悔やんでました。
(現在の輸入元テラヴェールさんは去年からのお付き合いのようです)
それぐらい、今回のパーティは楽しかったようです。

f0097199_12591931.jpg

またよろしくお願いいたします!
by wine-fujimaru | 2010-03-12 13:00 | イベント情報 | Comments(6)

ラシーヌナイト

これ、一ヶ月も前のイベントですね。。。
次回の参考までに様子だけでも。

場所はビストロ シャンパーニュさんで行われました。
大阪のシャンパーニュのメッカ、ラ・シャンパーニュさんの2号店です。

ミュズレーボード
f0097199_13342898.jpg

店内はシャンパーニュグッズで埋め尽くされています。

f0097199_13353016.jpg

ユリス・コランも出てましたね~。

f0097199_1336260.jpg

とびっきりのワインがズラリ。

f0097199_13371781.jpg

普通にマグナム注いでます。

f0097199_1338095.jpg

ラシーヌ代表の合田さんと塚原さん。
本当にお世話になっています。

輸入会社ラシーヌさんが、もっとお客様と近づきたいということで
東京、大阪で開催されたラシーヌナイト。
お客様への還元という意味もあり、本当にコスパの高いイベントでしたね~。

そして、何よりもワインが美味しい。
飲み疲れしないし、飲み飽きしない。
これ、本当に大事。

こんなイベントなら毎月してほしいぐらい(笑)
f0097199_13462776.jpg

楽しそうでしょ?

実は一般のお客さんの部のあと、
22時からは業務店向けのラシーヌナイトがあり、
結局、朝の5時まで宴は続きました。

ラシーヌスタッフは、なんとホテル取らずに朝の新幹線で帰京。
乗った瞬間爆睡で、起きたら東京だったようです。
そりゃそうでしょう(笑)

本当にお疲れ様でした。
by wine-fujimaru | 2010-03-12 12:00 | イベント情報 | Comments(1)

ワインバー ランジュ・ヴァン復活

一通りのティスティングを終え、彼の自宅でランチをいただくことに。

f0097199_2037870.jpg

いや、次から次へと料理とワイン責め(*^_^*)

奥さんはたまたまパリに出かけているようでロビノが全部準備してくれてます。

前菜は撮り忘れ。。。
f0097199_2039336.jpg

これ、完全にレストランの味。
旨かった~。

f0097199_2041555.jpg

このサントモール、絶品。
持って帰りたい。

f0097199_20423893.jpg

タルトタタン、これが2台。
食えるかっ!

彼のワインとともに。
f0097199_20395736.jpg

なぜかフランクのワインも。


f0097199_20413591.jpg

フランスのロビノと尼崎のロビノ

f0097199_20435237.jpg

フランスのロビノと女ロビノ 手には30年熟成の梅酒

f0097199_20562921.jpg

もう無理・・・

ワインも凄いのだが、何よりも彼の楽しんでもらおうという気持ちが何よりも嬉しい。
遠い日本から私をわざわざ訪ねてきてくれてありがとう、という気持ちをヒシヒシ感じる。

生産者仲間でも彼は人気者らしい。
そりゃそうだと思う。

彼のオーラは凄い。
それは、おもてなししてくれたからとかではなく、
彼の言動、行動の端々にウェルカムな感じがにじみ出ている。
壁がないのだ。
一緒にいるだけで、楽しくなって元気が出てくる。
彼のワインもそんな味わいだ。
のびやかで、溌剌としていて、芯が太い。

宴が終わるころには、みんなが彼を大好きになっていた。


そして、彼のパワーがひとりの運命を変えることになる。

お別れの時、たまたま横に徳大寺くん。

「徳大寺くん、店の名前ってワインバー徳大寺にするんやったやんなぁ?」と私。

「はい、そうです。」

「ランジュ・ヴァンって名前もらったら?」

「はい、そうします」

「え、、、ほんまに?」

「はい」

とんでもなくあっさり店の名前が決まってしまいました。

彼のお店の名前はワインバー『ランジュヴァン』 天使のワインと言う意味です。
とってもカッコいいじゃないですか!

すぐさま、ロビノに報告。
もちろん了承してくれました。

晴れて、
f0097199_2132458.jpg

ワインバー ランジュ・ヴァン 復活です。

大阪のランジュヴァンは自然派ワインばかりではないです。

徳大寺くんが引き継ぎたかったのはワインのラインナップではなく、ロビノのホスピタリティ。

いろんな感情が渦巻く北新地で
みんなが元気になれる場所が作れたらと彼はランジュヴァンという名前に決めました。

3月8日(月) ランジュ・ヴァン オープンです。

大阪市北区曽根崎新地一丁目5-9
レックスビルB1F
06-6341-5502
19:00~ 3:00
19:00~24:00(土曜日)
日曜・祝日定休日

ランジュヴァンのブログ 

お店の詳細はまた改めてアップしますね。
by wine-fujimaru | 2010-03-12 11:15 | ワイン | Comments(0)


大阪・日本橋のワイン屋の日常


by wine-fujimaru

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
メディア掲載情報
WINE SHOP FUJIMARU
イベント情報
ワイン
ワインへの想い
FUJIMARUの本棚
レストラン
徒然
地図・営業時間
スタッフ紹介
スタッフ募集
藤丸智史が思うこと
HPはこちら
満月Pub
国産ワイナリー
海外ワイナリー
その他お知らせなど
ウラなんば情報
@カーヴ・デ・パピーユ
@島之内 フジマル醸造所
@京阪くずは フジマル醸造所
@天満橋店 ショップ&デリ 
@浅草橋店 FUJIMARU
@清澄白河 フジマル醸造所
フジマル食堂枚方T-SITE
@ネットショップ
ワイン造り
会社概要
藤丸智史 メディア出演情報
ワインな日々
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

リンク

お気に入りブログ

オータしゃちょうの風雲録
なないろめがね
Kaorin@フードライ...
ラ・バッロッタ
未来食堂通信
Nadja* bar ...
ランジュヴァンの日記
島之内フジマル醸造所
Cuisine Fran...
マツケン食堂のブログ
クロネコブログ
Ristorante d...
ワインショップ&ダイナー...

最新のコメント

ラスク 様 はじめまし..
by wine-fujimaru at 10:19
はじめまして。 料理も..
by ラスク at 14:00
松野 雄二 様 コメン..
by wine-fujimaru at 17:30
8月26日 6時30 3..
by 松野 雄二 at 11:30
隠れK様、コメントありが..
by wine-fujimaru at 10:38
初めてコメントします。7..
by 隠れK at 09:46
コメントありがとうござい..
by wine-fujimaru at 12:04
藤丸さんの「想い」をじっ..
by AYUMI at 12:19
メールありがとうございま..
by wine-fujimaru at 16:22
ありがとうございます、本..
by wine-fujimaru at 10:08

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
農家

画像一覧