<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ラシーヌナイト in オオサカ!!

このイベントも行かねばなりません。
東京では大好評を博しています、ラシーヌナイト。
ついに大阪にもやってくることになりました。

昨年、5周年記念パーティをやっていただいたばかりの輸入会社ラシーヌさん。
来場いただいたお客さまからも大好評でした。

去年は  こんなイベント   でした。
卓越したセレクトとブレのない理念で業界の中でも
あっという間にワインシーンのスターになったラシーヌさん。
その代表である合田さんは私(藤丸)が最も影響を受けた方のひとりでもあります。
自分の足でヨーロッパ中の生産者を発掘し、
ソムリエから一般の消費者の方まで
生産者の想いを自らの言葉で伝える姿はまさにワインの伝道師のよう。

ワインはスタンダード、スペシャルなものを合わせて20種類ほど
お料理は立食形式でしっかりださせていただきます。
実際に生産者と触れ合っている方々のお話をお伺いしながら
ワインをゆっくり感じて頂ければと思います。

申込方法:
【氏名、電話番号、参加人数】を明記の上、
㈱ラシーヌ宛に、2月4日(木)までに、FAX(03-5366-4870)
またはメール(info@racines.co.jp)でお申し込み下さい。
折り返し、メールまたはFAXで確認させていただきます。

以下、御案内文です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フランス便No.100 & イタリア便No.50
《コンテナ入荷・記録達成》 記念&感謝

*ラシーヌ・ナイト・イン・大阪 開催のお知らせ*
2010年1月20日

“ラシーヌのワインを、いっそう深く知っていただきたい”
――こういう願いを込めて、ラシーヌは2010年、
より積極的な情報発信とイヴェント企画に取り組んでまいります。
その第一弾のご案内です。
 
2003年4月の創設このかた、ラシーヌが輸入用に仕立てたリーファー・コンテナが、
昨年暮れをもちまして、《フランス発》100便&《イタリア発》50便を数えるにいたりました。
このように順調にワインが入荷してご案内できますのも、
お客様のご支持の賜物であると感謝しております。
そこで、ラシーヌと縁の浅からぬ関西で、記念と感謝の意を込めて、
ささやかなパーティを開かせていただくことになりました。
当日は、小社社員の半ばもお待ちし申し上げ、皆様との懇親の場とさせていただく予定です。

ちなみに東京では、昨年の暮れに六本木のワインバー《祥瑞》のオウナーである勝山晋作様から、
《ラシーヌ・ナイト》の提案と会場の提供をしていただき、大いに賑わいをみせました、
是非ともラシーヌ・ナイト・イン・大阪にお越しいただきたく、お誘い申し上げます。

株式会社ラシーヌ
合田 泰子 / 塚原 正章



日時:2010年2月13日(土) 19:00~21:30 
会場:Bistro シャンパーニュ
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-1大橋ビル3F 
TEL:06-6341-1968
(2月7日オープンのお店なので2月1日からしか電話は繋がりません)

会費:¥6000(税込)
※会費は当日会場で申し受けます。
定員:40名以下
方式:立食

申込方法:
【氏名、電話番号、参加人数】を明記の上、
㈱ラシーヌ宛に、2月4日(木)までに、FAX(03-5366-4870)
またはメール(info@racines.co.jp)でお申し込み下さい。
折り返し、メールまたはFAXで確認させていただきます。
by wine-fujimaru | 2010-01-31 14:16 | イベント情報 | Comments(0)

イベントのお誘い

やってきました、お勧めイベント第1弾!

詳しくはここをクリック。
ヴィーニジャポン2010

2008年に第1回が行われたこのイベント、
実は昨年は新型インフルエンザの影響で中止。
2010年に持ち越されることになりました。

自然派ワイン生産者が6人(京都は5人)も来日します。

ロワールの新井さんやローヌの大岡さんもいらっしゃいます。
シチリアの鬼才フランク・コーネリッセンは一度は会って欲しい生産者。
なかなか同時にこのメンバーに会えることはないでしょう。

自然派云々ということは置いといて
生産者の素顔と彼らの造るワインの味わいを見比べに来てください!
きっと一致するはずですよ~。
by wine-fujimaru | 2010-01-17 13:13 | イベント情報 | Comments(2)

ビストロ会

お陰さまで満席になりました。
ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

え~、イベント告知が追いつきません。。。
リンクしまくっているDAIGAKUさんでのイベントなのでご存じの方も多いと思います。
でも、このブログしか見てないという方はちょっとお立ち寄りください。


第6回 目指せ!!本場ビストロの会

本場フランスのビストロ料理に毎回スポットを当て、
皆様に本場のビストロの楽しさを知っていただこうというこの企画。

第6回目はフランスの北東部アルザス地方をテーマに掲げ、
アルザスの地方料理とワインで皆様をお迎えいたします。

現在はフランスに位置しますが、
かつては17世紀からの領土争いによりフランスとドイツを行き来していたアルザス。
フランスの一地方としても独自の文化圏を持ち、
食文化においても料理やワインにはドイツ的な要素が数多く見うけられます。

さて、今回からただ味わっていただくだけではなく、
フランスの地方料理・ビストロ料理をより知っていただくために
それぞれの担当者からの熱い想いと解説を加えていきたいと思います。

とはいえ、そんな堅苦しいものではなく、楽しい食卓にするための一つの要素になって
皆さんと素敵な時間が過ごせればいいなとの思いを込めてです。


皆様のご参加心よりお待ちしております。



日    時 : 2010年1月18日(月) 19:00スタート (18:30~受付開始)
場    所 : bistro à vin DAIGAKU 
          大阪市中央区東心斎橋1-4-22 
          
費    用 : 12000円 (料理・ワイン代、税込)
定    員 : 28名(なお定員になり次第受付を締め切りさせて頂きます)

予約受付 :  06-6241-5431 06-6241-5431 
         電話での受付のみとさせていただきます。ご了承くださいませ。

ビストロ会メンバー
和歌山フレンチレストラン T氏
和歌山フレンチレストラン パティシエK氏
Le sucré cœur 岩永氏
Metzgerei Kusuda 楠田氏
Bistro a vin DAIGAKU 他谷
Le nœud papillon 川田

発起人
L’ambroise氏
by wine-fujimaru | 2010-01-15 15:39 | イベント情報 | Comments(0)

大阪イタリア地方料理研究会のイベント

お陰様で満席になりました。
ご予約ありがとうございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

え~新年早々から続々とイベント情報が届いているのですが
アップが全く追いつきません。。。

とにかくこれは行かねばというイベントがこちら。


西天満 「トレルマーケ」 藤田シェフ

心斎橋 「リット マーブルトレ」 北山シェフ

南船場 「ボッチョ」 地頭方シェフ

という大阪トラットリアを代表するシェフ3名がイタリア料理への熱い思いから

「大阪イタリア地方料理研究会(仮称)」を立ち上げました。

これは、イタリア料理とは名ばかりの没個性なお店が氾濫していることに
危機感を抱いた彼らが本当のイタリア料理とは?を追及していく会です。
(すいません、改めてちゃんと説明しますね。)

で、記念すべき第1回のイベントとして
リットさんで食事会が行われます。

日時 2月11日(木) 19:00~ (受付18:30~)

会場 リット・マーブルトレ
    大阪市中央区東心斎橋1-13-20 カネコマビル 2F
    
会費 12,000円 (食事+ワイン代)

定員 30名 

気鋭のシェフ3名が織りなす北イタリアの地方料理と地ワインを
コース仕立てでご提供させて頂きます。

彼らの伝えたい!という熱い想いを是非味わいに来てください。

ご予約は各店舗へ
トレルマーケ 06-6311-6365
リット 06-4704-5678
ボッチョ 06-6260-0055

彼らの料理に負けないようなワインセレクト、頑張りたいと思います。
by wine-fujimaru | 2010-01-14 13:28 | イベント情報 | Comments(0)

ワイン選びに迷ったら。。。

当店では来店されたお客様に

『なにか伺った方がよろしいですか?』

一番最初に質問します。

なので、ゆっくり見たいという方は、声をかけれられるまで何時間でも放置プレーにします。
どこぞの服屋さんみたいにグイグイ攻めていくことはまずありません。

逆に一緒に選んでほしいということであれば
質問攻めの後、これぞという1本をお勧めさせていただきます。

贈り物であれば、
先方の情報を少しでもいただければ幸いです。

ワインは飲むシチュエーションによっても
印象が変わってしまう不思議な飲み物です。

ぜひぜひご相談くださいね。
by wine-fujimaru | 2010-01-11 19:30 | ワイン | Comments(0)

とんど祭り

いよいよ今年もこの時期がやってきましたね~

えべっさん・・・ではなくてとんど祭り

f0097199_18194545.jpg


大阪の名店ばかりが集まって高津宮で屋台を出店します。
四天王寺ワッシーズさんも出店しているのでワインもたっぷり。
本当にたくさんのお客さんがいらっしゃるので寒い中でも長蛇の列ができています。
それぐらい人気のあるイベントなんですよね~。

で、ちょっと混んでるなぁ。。。なんて思われた方、
ちょっと寄り道してみませんか?

場所は、知る人ぞ知るお好み焼きの名店『豚玉』さん。
高津宮と松屋町筋の間にあります。
当日はたこ焼きや巻きずし(これ美味しい!)といったいつもとは違うスタイルで
昼から営業しています。
もちろんワインもありま~す!

FUJIMARUからも徒歩圏内なので(10分ぐらいかな)
お立ち寄りいただければと思います。

どうぞ暖かくしてお出掛けください。
by wine-fujimaru | 2010-01-10 17:56 | イベント情報 | Comments(0)

負けちゃったけど。。。

またワインから離れて高校サッカーネタ。

我が母校、関大一校。
残念ながら準決勝で敗れてしまいました。

本当に凄い試合でした。
試合には負けたけど、誰も彼らを敗者とは思わないような、そんなゲームでした。

0-2で迎えた後半44分、
野球で言うなら9回裏ツーアウト、ランナー無しみたいなもの。
恐らく誰もが諦めていたはず。。。そう、イレブン以外は。

なんとそこからエース執念のゴール。
そして、ロスタイム、スーパーサブの同点ゴール。

このまま奇跡が起こるかと思いましたが
青森山田のチームとしての完成度に屈し、PK戦で敗退。

心が熱くなる、本当に素晴らしい試合でした。

自分たちのやってきたことを信じ、
最後まで諦めない強い精神力は私たちも見習わなければ。


なんかサッカーやりたくなってきた。

《業務連絡》
次は17日(日)です。
by wine-fujimaru | 2010-01-10 13:44 | 徒然 | Comments(4)

アラン・ベルナール

たまにはワインのネタも。。。

この年末、お勧めシャンパーニュの一つとして活躍してくれたアラン・ベルナール。
ネット検索でも引っ掛からないこの造り手は何者だと問い合わせが多数ありました。

実はこの造り手、まともに輸入されるのは初めてなんです。
というのも、当時、まだシャンパーニュで働いてた片寄から話を聞きつけ
輸入元さんに代行輸入してもらったワインでした。
なので、ネットショップどころか、どこにも情報がなかったんです。

ただ、コスパもあるし、生産量もそこそこあるので
うちだけが独占販売なんかしても生産者が可愛そうなので
今月ぐらいからは他店でも販売していただいています。

まだ人柄をお伝えできるほど情報がないので資料を翻訳したものを載せておきます。
何かの参考にしていただければ。


歴史
はっきりとわからないぐらい昔からBernard家はブドウ畑を所有。
昔は現在メゾンのあるDizyの北西隣のHautvillers(Dom Perignonの修道院がある)に住んでいました。当時は大手メゾンに葡萄を売って暮らしていましたが、現在の当主であるBenoitの祖父に当たるArthurがDizyのメゾンGaston Chiquetで働いていたことからDizyに居を移す。仕事を続けながらChiquet 家のCaveの一部を借り、彼の葡萄とその妻Elianeの畑の葡萄で、週末やヴァカンスを用いて息子Alainと共に彼らのChampagneを作り始めた。

その後、自然な流れで息子Alainがこの家族経営の小さなドメーヌを指揮するようになる。
現当主Benoitへと代が変わったのち、所有面積も大きくなり(Alainの時の倍)種類も増えました。

彼らは他の優良生産者のように情熱家であり、素晴らしいワインは素晴らしい畑からしか出来ないことを知っているので、とても葡萄に愛情を注いでいます。醸造と同じように畑仕事を重視し、出来る限りの手間をかけブドウを育てています。ブドウ以外の植物も生態系のバランスをとるためには必要ということで、草は適当に切るだけ。除草剤の不使用はもちろんのこと、土の手入れを欠かしません。今後は彼の祖父がやっていたように馬使って栽培をする予定です。

栽培密度 1ヘクタール当たり8000本
所有パーセル数;Dizyに22、Cumieresに1、Ayに4、Hautvillersに1。Total 8Ha
全てプルミエかグランクリュ。

醸造
プレスした果汁は最初の1リットルはTailleへ回し、2ヘクトリットル目からCuveeを20.50hl、そして4.50hlのTailleを取る。発酵温度は18度で12か13日ほど。マロラクティック有。1次発酵時の補糖は無し。ステンレスタンクで区画ごとに醸造。人口酵母も不使用。酒石を取り除く冷却処理は冬の自然の寒さを利用したもの。アッサンブラージュは1月で2月に瓶詰め。

Vin de Reserveは前年の物のみ。 DegorgementのLiqueurはMCR(濃縮ブドウジュース)

瓶内熟成期間は最低3年間。 樽はMeursaultで1、2年使われたものを使用。

Degorgement後は3~6カ月休ませ出荷。



ブリュット トラディション NV
1er cru(ディズィー、オーヴィレー、キュミエール)とGrand cru(アイ)のシャルドネ(60%)、ピノ・ノワール(35%)、ピノ・ムニエ(5%)のアッサンブラ-ジュ。ドサージュ7g/L

ブランドブラン NV             
ディズィ-のシャルドネ100% ドサージュ6g/L

ロゼ ド セニエ NV              
1er cru(ディズィー、キュミエール)とGrand cruアイのピノ・ノワールを25~30時間マセラシオン。ドサージュ7g/L

ミレジム 2004
1er cru(ディズィー、オーヴィレー)のシャルドネ(50%)、ピノ・ノワール(50%)のアッサンブラ-ジュ。ドサージュ3g/L
             
f0097199_16413170.jpg

by wine-fujimaru | 2010-01-07 16:24 | ワイン | Comments(2)

突然、サッカーネタ

実は、私(藤丸)、サッカーファンです。

今はこんな体型ですが、
高校ぐらいまで真面目にサッカーやってました。

最近では、77メンバーや飲食繋がりで
真夜中にフットサルやってたりもします。
(健康に良いんだか悪いんだか・・・)

なので、サッカーは観るのも、やるのも大好きです。
その中でも、特に感情移入してしまうのは高校サッカー。
激しい接戦なんかをみると昔を思い出して涙ぐんでしまうくらい(笑)

で、正月にボ~っと高校サッカーを見てたら、なんか見たことある顔が。。。

うん?
あ、高校の時の超怖かった先生だ!


そう、なんと母校がベスト4まで勝ち進んでいるではないですか!
しかも、30年ぶりの大阪勢のベスト4という快挙らしい。

なんかびっくりしたのもあるんですが
年始から超テンションが上がってしまいました。

夢の国立・・・

羨ましい!!

頑張れ、カンイチ!

f0097199_1723749.jpg


っていうか、今の高校生ってめちゃくちゃ上手い!
by wine-fujimaru | 2010-01-05 17:03 | 徒然 | Comments(4)

明けましたね~

明けましておめでとうございます。

あっという間のお正月が終わり、
当店も本日より本格始動しております。

今年は、私(藤丸)以外の家族全員が体調が優れなかったせいで予定は全てキャンセル、
完全に引きこもりのお正月でした。

一人だけ元気な私は、うっぷんを晴らすかのごとく
まるで冬眠前の熊のように大量の食材を買い込み
ひたすら飲み、食い漁った年末年始でした。
食べた餅の数なんて人様に言えないぐらい(笑)

皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?



本年もどうぞよろしくお願いいたします。

藤丸
by wine-fujimaru | 2010-01-04 13:14 | 徒然 | Comments(0)


大阪・日本橋のワイン屋の日常


by wine-fujimaru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
メディア掲載情報
WINE SHOP FUJIMARU
イベント情報
ワイン
ワインへの想い
FUJIMARUの本棚
レストラン
徒然
地図・営業時間
スタッフ紹介
スタッフ募集
藤丸智史が思うこと
HPはこちら
満月Pub
国産ワイナリー
海外ワイナリー
その他お知らせなど
ウラなんば情報
@カーヴ・デ・パピーユ
@島之内 フジマル醸造所
@京阪くずは フジマル醸造所
@天満橋店 ショップ&デリ 
@浅草橋店 FUJIMARU
@清澄白河 フジマル醸造所
フジマル食堂枚方T-SITE
@ネットショップ
ワイン造り
会社概要
藤丸智史 メディア出演情報
ワインな日々
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

リンク

お気に入りブログ

オータしゃちょうの風雲録
なないろめがね
Kaorin@フードライ...
ラ・バッロッタ
未来食堂通信
Nadja* bar ...
ランジュヴァンの日記
島之内フジマル醸造所
Cuisine Fran...
マツケン食堂のブログ
クロネコブログ
Ristorante d...
ワインショップ&ダイナー...

最新のコメント

ラスク 様 はじめまし..
by wine-fujimaru at 10:19
はじめまして。 料理も..
by ラスク at 14:00
松野 雄二 様 コメン..
by wine-fujimaru at 17:30
8月26日 6時30 3..
by 松野 雄二 at 11:30
隠れK様、コメントありが..
by wine-fujimaru at 10:38
初めてコメントします。7..
by 隠れK at 09:46
コメントありがとうござい..
by wine-fujimaru at 12:04
藤丸さんの「想い」をじっ..
by AYUMI at 12:19
メールありがとうございま..
by wine-fujimaru at 16:22
ありがとうございます、本..
by wine-fujimaru at 10:08

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
農家

画像一覧