<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

試飲カウンター

私のお店にはちょっとした試飲カウンターがあります。

別におつまみとかある訳ではなく、あくまでも試飲。
そんなに沢山の種類が開いてるわけではないですが
お店が開いている12:30~21:00までは
定休日の火曜日以外は基本的にいつでも飲めます。

ランチアフターのお客さん、ディナー前の食前酒代わりに
利用される方も少なくありません。

別に抜栓料やグラス代は頂いていないので
小売価格そのまま飲めるのも魅力なようです。


私的には、お店の手前のスペースは自由に使っていただければ
いいんじゃないかと思っています。

現在、イタリア語、英語の授業や
若いアーティストの絵画も展示しています。

小さな試飲会や鍋パーティをやったことも。。。

狭いスペースなので大人数は入りませんが
もし、「こんなのしたい!」って言うのがあればお気軽にお尋ねください。

ただ、基本的には私も混ざりますが。。。
by wine-fujimaru | 2006-05-29 20:49 | WINE SHOP FUJIMARU | Comments(5)

サッポロの国産ワインにガラス片

サッポロの国産ワイン、「ボレール 180ml」にガラス片が混入していたらしい。

いまのところ、けが人等の報告はないけれど
かなり恐ろしいですよね。

朝日新聞の記事

澱や酒石酸など
固形物が入ってたりすることはありますが
あんまりガラス片混入ってこれだけたくさんのワインがあっても
聞いたことないのに、よりによって日本でとは。。。

でも、異物といえば自然派の行き過ぎたワインとかは
割と色んなものが入ってたりするんですよね。

4年ほど前で、造り手の名前も忘れてしまいましたが
蜂が入ってるワインがありました。
しかも、かなりの確率で入ってたらしく、
某ワインショップでは、虫入りキュべとそうでないものと分けて販売していました。
結局どちらも買ってしまったのですが
不思議と虫入りのほうが美味しい気がしたのは確か。
(エキスでも出たのかも。。。)
でも、ワインも人間の体内に入るものなので
まず、安全、清潔が大前提。
なので行き過ぎるのはどうかと思います。

それにしても、よく通関とおったなぁ、とは思いますが。。。
by wine-fujimaru | 2006-05-28 14:28 | 徒然 | Comments(0)

関西どっとコム

書くかどうかかなり迷ったのですが
せっかくなので告知します。

関西どっとコムHPの「動くミーツ」で
動画で取り上げていただきました。

そうなんです、動画なんです。
最初、取材依頼があったとき断ろうかとも思ったぐらいでした。
だって、かなり恥ずかしくないですか?動画って。。。

原稿、打ち合わせなどはなく、いきなり本番で質疑応答。
本当にアドリブが苦手で、何をしゃべっているのかわからなくなり
頭が真っ白になる有様。
動画であらためて見ても、同じこと2回言ってたりしてます。。。
カットしてくれたらいいのに。。。


こちらからどうぞ
動くミーツ


映像で店の外観や周辺を見たのですが
あらためて変な店だなぁと思ってしまいました。
よくこんなところでワインショップなぞやってるよなって。

改装しようかな。。。
by wine-fujimaru | 2006-05-25 19:59 | WINE SHOP FUJIMARU | Comments(10)

アジア・インク

アジア・インクという海外の雑誌に
ニュージーランドの楠田さんが掲載されているということなので
HPを覗いてみると、、、

「今、注目のアジア人!」みたいな感じになっているのですが
(適当な訳ですいません)
一緒に載っている日本人を見てびっくり。

愛子様に、楽天の三木谷社長に、ホリエモンと並んで
掲載されています。

僕にとってはちょっと不思議な組み合わせなんですが、、、
by wine-fujimaru | 2006-05-20 17:21 | 徒然 | Comments(0)

やさしい肴

朝日新聞の金曜日の夕刊に「やさしい肴」というコーナーがあるのですが
先週、今週とお世話になっている方が続いて取材されていたのでちょっとご紹介。

先週は前に一度ブログでも書いた「豚玉」さん。
雑誌等の取材は基本的にお断りなので
前回は名前を伏せていたのですが
HPにも名前が出てたのでそのまま書かせてもらいます。
おそらく10年やってきて初めて受けた取材だったのではないでしょうか。
なんでもお世話になった方から、たってのお願いだったそうで
断れなかったそうです。
義理堅い、まじめな豚玉さんらしいです。
ここのワインの品揃え、価格設定は大阪一なのでは!?

そして、今週は私の大好きな和食のお店、「玄斎」
ゆっくり、しっとり、日本料理を楽しみたいときは必ずここに行きます。
私の家からは決して近くはないですが
何時間かかろうと行く価値のあるお店。

今回のレシピの中に、尼崎の冨松一寸豆がでてきます。
私の地元なんですが、
尼崎でトラットリアをやっていたときにお世話になりました。
なんでも28日に収穫祭があるようで久しぶりに伺ってみようかと思います。

実はこのコーナー、私のお店も2ヶ月ほど前に
玉造の「ル ピリエ」というフレンチのお店と一緒に載せていただきました。
この「ル ピリエ」というお店もプライベートでよくお世話になってます。
職業柄、よくレストランでご飯を食べるのですが
(でも本当は外食はあまり好きではなく、自宅のご飯が大好きなんです。)
美味しいお料理でも、記憶力の無い私は何を食べたかとか1ヶ月もすれば忘れるのですが
ピリエの石田さんの料理は、覚えてるんですよね~。
あんまりにも美味しくて。
行けば必ずホームランに出会うんですよ。
レストランによく行く方ならこの感覚がわかると思うのですが
これってかなり凄いことだと思います。

この「やさしい肴」にでてくる料理人の方々は
本当にスゴイ方ばかり。
HPでまとめて載っているので
是非ご覧ください。

「やさしい肴」
by wine-fujimaru | 2006-05-20 14:57 | レストラン | Comments(2)

犬鳴豚

こないだの休みに友人と大阪南部にある養豚場を見学に行きました。

犬鳴豚と呼ばれるブランドポークなのですが
以前から市内のレストランでよく見かけていて
この前の筍ツアーのときも大活躍してくれました。

特徴としては非常に脂が美味しい。
嫌味なく、くどくもなく、旨いって感じです。

犬鳴豚の詳細はこちらでどうぞ

川上さんという方が経営されているのですが
当日は社長自らが丁寧に養豚場を案内してくれました。

場内には生まれたての仔豚もいたりしました。
行く前は、仔豚でも買って帰って丸焼きにでも、、、
なんて考えていたのですが、あの愛らしさをみればちょっとねぇ。。。

ワインのみならず頑張っている生産者に会うと
自分も頑張らないとっていう気持ちにいつもさせられます。
こういう方達がいるから自分達が成り立っているんだなぁとも思います。

帰宅後、DAIGAKU家で早速購入した豚肉を頂きました。
うーん、美味しい!
やっぱり脂身が特に。

皆さんもどこかで見つけたら是非お試しください。
by wine-fujimaru | 2006-05-19 18:26 | ワイン | Comments(2)

ラベル

来店していただいたお客様によく言われる言葉。

「この店のワインのラベルって独特ですよね!」

ラベルで選んでいるわけではないのですが
確かに言われてみれば変わったラベルが多いようです。

中にはラベルどころか、
ボトル自体が普通じゃないものがあったりします。

すでにコルクじゃなく、スクリューキャップでもなく
王冠だったりもします。

ということで、その一部をご案内。

これはシャソルネィというブルゴーニュの造り手のペティヤン シャソルネード
えっと、すでにワインなのかどうかわからないボトルですが
れっきとした微発泡のワインです。
なんでもフランスのラムネードの瓶をそのまま使っているとか。

f0097199_17923100.jpg



続いては左が同じくシャソルネのブルゴーニュ ブラン
ちなみにこれはバックラベル。
右側が新井順子さんが造るロワールのガメイ。
その名もOTOSAN
彼女の実父の似顔絵らしいです。
ちなみにTVで放映されていたワイン、KUNIKOもあります。

f0097199_1715335.jpg



同じく日本人醸造家、大岡弘武氏のル カノン ロゼ プリムール
かわいらしい桜をモチーフにしたラベル。
コルクは使わずに王冠を使用。
これも微発泡で、お花見の季節にはよく売れました。

f0097199_17273394.jpg



こちらはシチリアのワイン。
フランクコーネリッセンという造り手のワイン。
このワインに関する詳しい情報は私の友人の経営するワインショップのHPにて

f0097199_17195943.jpg



引き続きイタリア。
パオロベアという造り手のサンタキアラサグランティーノ ディ モンテファルコ
あまりメジャーでないウンブリア州でワイン造りをしているのですが
中身はまさにグランヴァンといえる味わいです。

f0097199_17222812.jpg



味わいのタイプは少し違うのですが
こちらもセンスのよいラベル。
確か美術館とのコラボラベル。
オーストラリアはハンターヴァレーのビンバジン エステイト
数量限定のアートラベルシリーズ

f0097199_17303461.jpg


と、まあこんな感じのワインばっかり店内には揃っています。

もちろん、美味しさあってのラベルなのですが、
やっぱりラベルにこだわる造り手って味わいも結構はずさないような気がします。
それだけこだわっているということの裏返しですからねぇ。
ラベルもワインというものの一部だと思いますし。

でも懲りすぎるあまり、値段が高くなるのは勘弁して欲しいけど。。。
by wine-fujimaru | 2006-05-19 17:37 | ワイン | Comments(0)

最近のヒットワイン。

GWも終わり、なんか気の抜けた1週間が過ぎて
気がつけばまた更新を怠っていました。。。

今日は自分の中でのヒットだったティエリーピュズラの白ワインをご紹介。

昨年2003年ヴィンテージがリリースされ、
話題をよんだこのラベル。
f0097199_1341636.jpg

かわいいダッグスフンドが尻尾を振っていて、まさに女性に大人気。
今回は2004年でブドウ品種はシャルドネ、シュナンブラン。

味わいのほうは完熟したシュナンブランの甘みとシャルドネのボディをあわせもち、
最初のアタックは女性受けしそうだけど、
実はアルコール度数14%、かなり凝縮感たっぷり。

あ~屋外でBBQなんかしながら飲んだら最高だろうな~っていう感じです。
そういえばDAIGAKUでBBQするって言ってたなぁ、
仕事じゃなければ行きたかったんだけど。。。

とにかくこのテルケル ブランはかなり美味しい。
ピュズラらしい優しい果実味がほっとさせてくれる。
ちょっと疲れ気味の方、ぜひお試しあれ。

テルケル ブラン 2004年 
ティエリー ピュズラ      
by wine-fujimaru | 2006-05-12 13:50 | ワイン | Comments(4)

地野菜とビオワインの会

5月3日は地野菜とビオワインの会で筍ツアーに行ってきました。

今回は私の担当だったのでお店は臨時休業。
知らずに店舗までお越し頂いたお客様もかなりいらっしゃったようで
本当に申し訳ありませんでした。

毎月何かしらイベントをしているのですが
お店を飛び出すことが多く、
お客様にはご迷惑をおかけしております。
いっそのこと第3日曜日とかの店舗営業を休みにして
わかりやすくしようか検討中です。

会の様子は
DAIGAKUブログ
もしくは
D嫁ブログ

でどうぞ。

ワインは
モスカート ダスティ     ベラ

アルザス リースリング      ガングランジェ

トューレーヌ ソーヴィニヨン    ティエリー ピュズラ

ロッソ ディ モンテプルチャーノ     サングイネート

オマージュ ア ロベール      マ・ド・ラ・べギュード

でした。

狙い通りではあったのですが
山登りしたあとに屋外で飲むちょっと甘いモスカートダスティは大好評でした。

最初は皆さん、食いっ気に走っていたので
ワインの売れ行きがあまり良くなかったのですが
お腹が満腹になりだした頃から
ワインの減るスピードが急加速。
結局予定数を超えて、予備で持って行ってた

サッサイア マグナム  ラ・ビアンカーラ

も空いてしまいました。
ワイン60本、ビール2ケース。
子供4人含めての44名、この中には飲めない方も数名。
1人2本換算ですか、、、
恐るべき地野菜の会。。。

でも、天気もよく、
本当に楽しい会になってよかったです。

参加していただいた皆様、お疲れ様でした。
また遊びに行きましょうね!

そして☆山シェフ、川田君、お疲れ様でした~。
これに懲りず、また手伝ってくださいね~。
by wine-fujimaru | 2006-05-05 15:59 | イベント情報 | Comments(1)

DAIGAKUコラボイベント

30日のDAIGAKUコラボイベントに参加していただいたお客様へ。

色々行き届かぬ点もありましたが盛況のうちに終わることが出来、
誠にありがとうございました。

それにしてもDAIGAKU他谷君、NADAJA志摩君の料理、素晴らしかったですねぇ。
自分がお客さんでなかったことが悔やまれます。。。

普段は色んな制約があるなかで料理しているので
こういう機会は若い料理人にも刺激になったみたいでよかったです。

僕自身も2年ぶりぐらいのサービスで非常に緊張しましたが
やっぱり目の前でお客さんの喜ぶ顔がみれるっていいなぁと思いました。
ショップだと結構不安なんですよね。
ワインが口にあったかどうかって
また来てくれるときまでわかんないんですから。
自信もってワインセレクトはしてるけれど
好みは人それぞれですからねぇ。

とにかく無事におわってよかったです。

DAIGAKUさん、またなんかやりましょうね!
by wine-fujimaru | 2006-05-04 15:27 | イベント情報 | Comments(2)


大阪・日本橋のワイン屋の日常


by wine-fujimaru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
メディア掲載情報
WINE SHOP FUJIMARU
イベント情報
ワイン
ワインへの想い
FUJIMARUの本棚
レストラン
徒然
地図・営業時間
スタッフ募集
スタッフ紹介
藤丸智史が思うこと
HPはこちら
満月Pub
国産ワイナリー
海外ワイナリー
その他お知らせなど
ウラなんば情報
@カーヴ・デ・パピーユ
@島之内 フジマル醸造所
@京阪くずは フジマル醸造所
@天満橋店 ショップ&デリ 
@浅草橋店 FUJIMARU
@清澄白河 フジマル醸造所
フジマル食堂枚方T-SITE
@ネットショップ
ワイン造り
会社概要
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

リンク

お気に入りブログ

オータしゃちょうの風雲録
なないろめがね
Kaorin@フードライ...
ラ・バッロッタ
未来食堂通信
Nadja* bar ...
ランジュヴァンの日記
島之内フジマル醸造所
Cuisine Fran...
マツケン食堂のブログ
クロネコブログ
Ristorante d...
ワインショップ&ダイナー...

最新のコメント

ラスク 様 はじめまし..
by wine-fujimaru at 10:19
はじめまして。 料理も..
by ラスク at 14:00
松野 雄二 様 コメン..
by wine-fujimaru at 17:30
8月26日 6時30 3..
by 松野 雄二 at 11:30
隠れK様、コメントありが..
by wine-fujimaru at 10:38
初めてコメントします。7..
by 隠れK at 09:46
コメントありがとうござい..
by wine-fujimaru at 12:04
藤丸さんの「想い」をじっ..
by AYUMI at 12:19
メールありがとうございま..
by wine-fujimaru at 16:22
ありがとうございます、本..
by wine-fujimaru at 10:08

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
農家

画像一覧